ギィ・キャベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ギィ・キャベ(Guy Cabay、1950年10月2日 - )は、ベルギージャズミュージシャン、作曲家ヴィブラフォン奏者、歌手ブラジル音楽の影響を受けた、地元のワロン語歌詞による作品で知られる。

ポルール(fr:Polleur)生れ。リエージュ大学アンリ・プッスールに学んだ。1978年の単独名義でのデビュー作『ぜんぶまちがい(Tot-a-fèt rote cou d'zeùr cou-d'zos)』で、ワロン語の歌詞によるボサノヴァ作品を発表した。

1981年、自身のジャズ・バンド「Lemon Air」を結成。

ディスコグラフィ[1][2][編集]

アルバム

  • Tot-A-Fêt Rote Cou-D'zeur Cou-D'zos (MD/MD 2207)
  • Li Tins, lès-ôtes èt on pô d'mi (MD/MD 0047)
  • In The Gardens Of Silence (MD/MD 0109)
  • Miroirs d'ailleurs (MD/MD 87)
  • Balzin Rèyes (AA Music/AALP3600)
  • Lemon Air (B.SHARP Records/CDS 072)
  • Vibes (1987年、B.Sharp Records/1006)
  • The Ghost of McCoy's Castle (1995年、B.Sharp Records/101)
  • Fasol Fado (1995年、Igloo/IGL 114) - Fabian Fioriniと共同発表
  • The Bièsse Tof (1999年、Amon Laca)[3]
  • On The Jazz Side Of My Street (2005年、Igloo/IGL 181)[4]

シングル

  • Bossa Colas (MD/MD0097)

出典[編集]