キリシマツツジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キリシマツツジ
Rhododendron obtusum.jpg
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: ツツジ属 Rhododendron
: キリシマツツジ R. × obtusum
学名
Rhododendron × obtusum
和名
キリシマツツジ
霧島躑躅

キリシマ (霧島、学名Rhododendron obtusum)は、ツツジ科の植物の一種。別名キリシマツツジ(霧島躑躅)。

常緑低木で、4月から5月頃に小ぶりの花を開花させる。庭木や公園木にしたり、鉢植や切花に使われる。多くの園芸品種がある。

鹿児島県下の霧島山の山中に自生するツツジの中から江戸時代初期に選抜されたもので、関東の土壌が生育に適していたこともあって江戸を中心に爆発的に流行した。 日本最古の園芸書『花壇綱目』(1681年)や『錦繡枕』(1692年)などに多数の品種が記載されている。その後全国に広がり、各地に古木が残存する。また、日本のみならず欧米でも、江戸時代末期から明治時代に輸出されたものが今日でも重要な造園用樹として盛んに利用されている。

大隅半島薩摩半島に分布するサタツツジ (佐田躑躅、別名ヒメマルバサツキ、学名Rhododendron sataense)を本種R.obtusumに含める見解もある。

名所:長岡天満宮、佛教之王堂(兵庫県加東市)

参考文献[編集]