キュールピップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キュールピップの位置(モーリシャス内)
キュールピップ
キュールピップ
モーリシャス内の位置

キュールピップ(Curepipe)は、モーリシャスの都市。 2015年7月1日の人口は7万9112人[1]モーリシャス島中央部の高地に位置し、プレーン・ウィルヘルム県に属する。 ここから首都ポートルイスまでの間にはボーバッサン・ローズヒルカトル・ボルヌといった街が連なり、連続した市街地を形成している。

キュールピップは高原にあり、海岸地域に比して冷涼な気候を持つため、この島に植民したヨーロッパ人たちは避暑地や高級住宅地としてこの地を開発した。 周辺の農地はモーリシャス島他地域に多いサトウキビプランテーションではなく、高原の気候を生かした茶畑が広がっている。 街は高原上に広がっており、それ程まとまった繁華街があるわけではないが、島のほぼ中央にあって交通の便がよいため商業が盛んである。 ショッピングモールが多数あり、地元民のみならず観光客も多く訪れる。

脚注[編集]

  1. ^ City Population閲覧日:2016年11月20日