ボーバッサン・ローズヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボーバッサン・ローズヒル
—    —
Beau-Bassin Rose-Hill
標語:Tenax et fidelus
テナックスとフィデルス
ボーバッサン・ローズヒルの位置(モーリシャス内)
ボーバッサン・ローズヒル
ボーバッサン・ローズヒル
座標: 南緯20度14分23.3秒 東経57度28分18.1秒 / 南緯20.239806度 東経57.471694度 / -20.239806; 57.471694
モーリシャスの旗 モーリシャス
プレーン・ウィルヘルム県
建設 1722年
市制 1868年
行政[1]
 - 市長 Mr. Fong Suk Koon Ken Fat
 - 副市長 Mr. Cerveaux Jules Alain
面積
 - 計 20.17km2 (7.8mi2)
標高 164m (538ft)
人口 (2015年7月1日)
 - 計 104,760人
 - 順位 3位
 - 人口密度 5,193.9人/km² (13,452人/mi²)
等時帯 モーリシャス時間 (UTC+4)
ケッペンの気候区分 熱帯モンスーン気候(Am)
ウェブサイト Municipal Council

ボーバッサン・ローズヒル(Beau-Bassin Rose-Hill)は、モーリシャスの町。 2015年7月1日の人口は10万4760人[2]。 面積は20.17km2で、人口密度は5193.9人/km2。 プレーン・ウィルヘルム県に属し、同県低地部の中心地である。 首都ポートルイスの南に接し、ポートルイスからキュールピップへと連なる都市圏の一部をなしている。 モーリシャスでは3番目に大きな都市であり、ポートルイスに次ぐ商業の中心地である。 北のボーバッサンと南のローズヒルが合併してできた街である。

ボーバッサン・ローズヒルに入植が始まったのは18世紀である。 当時ポートルイスをはじめとする低地部にはマラリアが蔓延しており、その害を避けるため冷涼な高原に住むことが好まれるようになり、ボーバッサン・ローズヒルが開発された。 現在では、ローズヒルはモーリシャスのすべての民族グループが居住する、モーリシャス最大級の住宅街となっている。 ローズヒル中心部には図書館、バスターミナル、銀行、郵便局などが揃っている。

ボーバッサンはモーリシャスで最も良い気候に恵まれている。 東のモカ県の高原からは涼しい風が吹き、北の首都ポートルイス程暑くはなく、南のキュールピップ程湿気が多いわけでもなく、穏やかな気候を持っている。 ボーバッサンはフランス語で「美しい泉」という意味である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ministry of Local Government and Outer Islands - Municipal and District Councils in Mauritius”. Localgovernment.gov.mu. 2014年3月8日閲覧。
  2. ^ City Population閲覧日:2016年11月20日