キャロライン・ラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャロライン・ラム

メルバーン子爵夫人キャロライン・ラムCaroline Lamb,Viscountess Melbourne,1785年11月13日-1828年1月16日)は、第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラムの夫人、小説家。父は第3代ベスボロー伯フレデリック・ポンソビー。母は初代スペンサー伯ジョン・スペンサーの二女ヘンリエッタ・スペンサー。伯母にデヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ、伯父に第2代スペンサー伯爵ジョージらがいる。詩人バイロンとの不倫関係でも知られる。

略歴[編集]

フレデリック・ポンソビーの一人娘として生まれる。1805年に新進の政治家だったメルバーン子爵と結婚、1807年に息子を、1809年に娘をもうけるが、息子は精神的な病を持ち29歳で死亡、娘は生まれてすぐ亡くなる。1812年にバイロンと知り合い恋仲となるが、スキャンダルを嫌った夫によってアイルランドに送られる。1813年にロンドンに戻るが、バイロンが他の女性と親しくしているのを見て、ワイングラスを割り、その破片で腕を切って自殺をはかる。同性愛の事実をキャロラインに公にされることを恐れたバイロンは1816年にイギリスを離れ[1]、キャロラインはバイロンを非難するために書いたゴシック小説『グレナヴォン』を発表する[2]。1825年にメルバーンと離婚し、アルコールとアヘンチンキ中毒となり、1828年に死去。

描かれた作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ メアリ・シェリーの『フランケンシュタイン』における男同士の絆細川美苗、松山大学論集 第19巻 第6号 (2008-02-01)
  2. ^ The Handbook to Gothic Literature 邦訳『ゴシック入門:123の視点』増補神崎ゆかり・杉山洋子、大阪産業大学 人間環境論集10 (2011-02)