キヌレニン-3-モノオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キヌレニン-3-モノオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.14.13.9
CAS登録番号 9029-61-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBj PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

キヌレニン-3-モノオキシゲナーゼ: kynurenine 3-monooxygenase, KMO)は、トリプトファンの主要代謝経路のひとつであるキヌレニン経路で働く酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

L-キヌレニン + NADPH + H+ + O2 \rightleftharpoons 3-ヒドロキシ-L-キヌレニン + NADP+ + H2O

この酵素の基質L-キヌレニンNADPHH+O2で、生成物は3-ヒドロキシ-L-キヌレニン、NADP+H2Oである。補酵素としてFADを用いる。

名称[編集]

組織名

L-kynurenine,NADPH:oxygen oxidoreductase (3-hydroxylating)

別称

キヌレニン 3-ヒドロキシラーゼ(kynurenine 3-hydroxylase)
キヌレニンヒドロキシラーゼ(kynurenine hydroxylase)
L-キヌレニン-3-ヒドロキシラーゼ(L-kynurenine-3-hydroxylase)

参考文献[編集]

  • Foucher AL, McIntosh A, Douce G, Wastling J, Tait A, Turner CM (2006). "A proteomic analysis of arsenical drug resistance in Trypanosoma brucei". Proteomics. 6 (9): 2726–32. doi:10.1002/pmic.200500419. PMID 16526094. 
  • Okamoto H, Hayaishi O (1967). "Flavin adenine dinucleotide requirement for kynurenine hydroxylase of rat liver mitochondria". Biochem. Biophys. Res. Commun. 29 (3): 394–9. doi:10.1016/0006-291X(67)90469-X. PMID 6076241. 
  • SAITO Y, HAYAISHI O, ROTHBERG S (1957). "Studies on oxygenases; enzymatic formation of 3-hydroxy-L-kynurenine from L-kynurenine". J. Biol. Chem. 229 (2): 921–34. PMID 13502353.