キス&キル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キス&キル
Killers
監督 ロバート・ルケティック
脚本 ボブ・デローザ
テッド・グリフィン
原案 ボブ・デローザ
製作 アシュトン・カッチャー
マイク・カーツ
スコット・アヴァーサ
ジェイソン・ゴールドバーグ
製作総指揮 チャド・マーティング
クリストファー・プラット
ジョーシー・ローゼン
ウィリアム・S・ビースレイ
ピーター・モーガン
マイケル・パセオネック
ジョン・サッキ
出演者 アシュトン・カッチャー
キャサリン・ハイグル
音楽 ロルフ・ケント
撮影 ラッセル・カーペンター
編集 リチャード・フランシス=ブルース
メアリー・ジョー・マーキー
製作会社 ライオンズゲート
カタスト・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年6月4日
日本の旗 2010年12月3日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1] (推定)
興行収入 $47,000,485[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$92,488,291[1] 世界の旗
テンプレートを表示

キス&キル』(キス アンド キル、原題: Killers)は、2010年アメリカアクションコメディ映画

ストーリー[編集]

熱愛の末に結婚したジェンとスペンサーは平凡な夫婦として幸せに暮らしていたが、実は夫スペンサーは暗殺もこなしていた元凄腕スパイであり、その事実を妻に隠していた。

そんなある日、スペンサーに元上司から以前の仕事に戻るように連絡が入るが、スペンサーがそれを断ったことから、スペンサーは命を狙われるようになる。そして、刺客との格闘を目撃したジェンにスペンサーの正体がばれてしまい、結果的に2人で刺客に立ち向かわざるを得なくなる。 事実関係を確認しようと元上司に会いに行った2人だったが、元上司は既に殺されており、スペンサーの命を狙っている者が別にいることが分かる。そして結婚以来、同僚や隣人として付き合っていた人々が次々と刺客としての正体を現し、スペンサーを襲うが、ジェンの働きもあって何とか切り抜ける。

2人で海外に逃げようと武器や偽造パスポートを取りに自宅に戻った2人の前にジェンの父親が現れる。

実は、スペンサーが結婚前、最後に暗殺しようとしていた相手はジェンの父親だったのだ。その際はスペンサーの姿を目撃したことで難を逃れたが、今になってスペンサーが元上司と連絡を取ったことを知り、改めてスペンサーが自分を殺そうとしていると思い込み、スペンサーを殺そうとしたのだった。

全てを知ったジェンは、自分がスペンサーとの子を妊娠していることを父親に告げ、スペンサーと父親を強引に和解させる。

その後、ジェンは無事に出産。スペンサーとジェンの父親は相変わらず互いに張り合っており、スパイだったころの習慣を残しているが、家族は幸せに暮らしている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
スペンサー・エイムス アシュトン・カッチャー 三木眞一郎
ジェン・コーンフェルド キャサリン・ハイグル 石塚理恵
ミスター・コーンフェルド トム・セレック 菅生隆之
ミセス・コーンフェルド キャサリン・オハラ 宮寺智子
ヴィヴィアン キャサリン・ウィニック 牛田裕子
オリビア リサ・アン・ウォルター
クリステン ケイシー・ウィルソン
マック ケヴィン・サスマン
リリー アレックス・ボースタイン
ヘンリー ロブ・リグル
ホルブルック マーティン・マル
ケヴィン アッシャー・レイモンド

評価[編集]

Rotten Tomatoesでの支持率は101件のレビューで支持率は11%の「ロッテン(腐敗)」作品となった[2]

主演のアシュトン・カッチャーは『バレンタインデー』とあわせて、第31回ゴールデンラズベリー賞を受賞している[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c Killers (2010)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年11月13日閲覧。
  2. ^ Killers (2010)”. Rotten Tomatoes. 2012年11月19日閲覧。
  3. ^ The 31st Annual Razzie Awards”. 2012年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]