ウエディング宣言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウエディング宣言
Monster-in-Law
監督 ロバート・ルケティック
脚本 アーニャ・コショフ
製作 クリス・ベンダー
J・C・スピンク
ポーラ・ワインスタイン
製作総指揮 リチャード・ブレナー
トビー・エメリッヒ
マイケル・フリン
出演者 ジェーン・フォンダ
ジェニファー・ロペス
マイケル・ヴァルタン
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 ラッセル・カーペンター
編集 スコット・ヒル
ケヴィン・テント
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年5月5日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 43,000,000[1]
興行収入 $154,749,918[1]
テンプレートを表示

ウエディング宣言』( - せんげん、原題: Monster-in-Law)は、2005年に公開されたコメディ映画。監督はロバート・ルケティックジェーン・フォンダジェニファー・ロペスマイケル・ヴァルタン主演。

日本では劇場公開されずに、2007年1月26日20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンからDVDが発売された。

いつか理想の男性と出会えるはず♡、と待ち続けていたチャーリー( ジェニファー・ロペス)に運命的な出会いが訪れた。優しくてイケメンでおまけに彼女がいないという最高の男性とカフェでぶつかり、それがきっかけで付き合うことに!彼の名はケビン(マイケル・ヴァルタン)。恋はトントン拍子に進み、ついにチャーリーはケビンならのプロポーズを受け、すべては完璧だった!

はずが、大喜びしたのもつかの間。ケビンの母親ヴァイオラ( ジェーン・フォンダ)は、息子を溺愛するあまりチャーリーのことが気に食わず、あの手この手で2人の仲を引き裂こうとする…。こうしてヴァイオラとチャーリーの激しい女のバトルが始まった!

女性なら誰もが、理想の男性と出会い、ゴールインすることを夢見るもの!しかし、そこには様々な問題があるのが現実。本作では、彼氏の母親とのあいだで起こる”女同士の対立”というテーマを、人気作『キューティーブロンド』の監督がパワフルにそしてコミカルに描いている。女優として歌手として共にトップアーティストであるジェニファー・ロペスと、2度のアカデミー賞®︎に輝いたベテラン女優のジェーン・フォンダが競演、迫力のバトルシーンは見もの!全米劇場初登場第1位の大ヒットを記録したウエディング・ラブコメの傑作!

キャスト[ソースを編集]

※括弧内は日本語吹き替え

[ソースを編集]

2005年ティーン・チョイス・アワードで5部門ノミネートされた。

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b Monster-in-Law (2005)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月13日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]