ガリア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガリア科
Garrya elliptica
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : 真正キク類I euasterids I
: ガリア目 Garryales
: ガリア科 Garryaceae
学名
Garryaceae
Douglas et Lindl.

ガリア科(ガリアか、学名: Garryaceae)は、双子葉植物の一つで、118ほどからなる。

クロンキスト体系ではミズキ目に含められていた。新しいAPG植物分類体系ではアオキ属(従来はミズキ科に入れることが多かった)およびトチュウ科とともにガリア目とされている。また、アオキ属は独立のアオキ科ともするが、ガリア科に近縁なので、ガリア科に含めてもよいとされる。

形態・生態[編集]

常緑低木

雌雄異株で、は尾状花序につく。

分布[編集]

北米西部から中米西インド諸島に分布する。

下位分類[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]