ガラパゴスバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガラパゴスバト
ガラパゴスバト
ガラパゴスバト Zenaida galapagoensis
基亜種 Z. g. galapagoensisエスパニョラ島
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハト目 Columbiformes
: ハト科 Columbidae
: ハジロバト属 Zenaida
: ガラパゴスバト Z. galapagoensis
学名
Zenaida galapagoensis
(Gould, 1839)
英名
Galápagos Dove
亜種
  • Z. g. galapagoensis [1]
  • Z. g. exsul [1]

ガラパゴスバト (Zenaida galapagoensis) は、ハト科鳥類エクアドル本土から離れたガラパゴス諸島固有種である。

分布[編集]

ダーウィン島、ウォルフ島、サンタ・クルス島サン・クリストバル島、フロレアナ島、サンチャゴ島、ピンソン島、ピンタ島、マルチェナ島、ヘノベサ島エスパニョラ島、サンタ・フェ島、フェルナンディナ島[2]

上陸が許された生息場所の広い範囲で見られ、特に諸島の乾燥した低地に見られる。

形態[編集]

全長20cm[2] (18-23cm)[3]。翼開長50-56cm[4]。頭部から胸は赤褐色で、腹は黄褐色みを帯びる[3]。目の周りは鮮やかな青色であり、アオメバトの別名がある[4]。足は赤い。[3]

亜種[編集]

  • Z. g. galapagoensis - ダーウィン島、ウォルフ島、プラザ島を除く主な島々。[4]
  • Z. g. exsul - ダーウィン島、ウォルフ島。体が一回り大きい。[4]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Clements, James (2007). The Clements Checklist of the Birds of the World (6th ed.). Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 117. ISBN 978 0 8014 4501 9 
  2. ^ a b Isabel Castro and Antonia Phillips, A Guide to The Birds of the Galápagos Islands, Prinston University Press, 1996, p.113. ISBN 0-691-01225-3.
  3. ^ a b c Andy Swash and Rob Still, Birds, Mammals and Reptiles of the Galápagos Islands, 2nd Edition, Christopher Helm, 2005, p. 86. ISBN 978-0-7136-7551-1.
  4. ^ a b c d 藤原幸一『動物百科 ガラパゴス』データハウス、1993年、96-97頁。ISBN 4-88718-136-1