サンタ・クルス島 (ガラパゴス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンタ・クルス島
Isla Santa Cruz
Cerro Dragon 1.jpg
セロ・ドラゴン
座標 南緯0度38分 西経90度22分 / 南緯0.633度 西経90.367度 / -0.633; -90.367座標: 南緯0度38分 西経90度22分 / 南緯0.633度 西経90.367度 / -0.633; -90.367
面積 986 km²
最高標高 864 m
最高峰 クロッカー山
(セロ・クロッカー)
最大都市 プエルト・アヨラ
所在海域 太平洋
所属諸島 ガラパゴス諸島
所属国・地域 エクアドルの旗 エクアドル
地図
サンタ・クルス島 (ガラパゴス)の位置(ガラパゴス諸島内)
サンタ・クルス島 (ガラパゴス)
テンプレートを表示
サンタ・クルス島地形図

サンタ・クルス島スペイン語: Isla Santa Cruz、インディファティガブル島、英語: Indefatigable Island)は、面積986km2、標高864mガラパゴス諸島の島の1つである[1]。島の名は、聖なる十字架にちなんで名付けられ、その英名 (Indefatigable) は、イギリス海軍艦船のインディファティガブルより与えられた[2]

地理[編集]

ロス・ヘメロスの陥没とスカレシア樹林

サンタ・クルス島は群島の中心に位置しており[3]イサベラ島に次いで2番目に大きな島である[4]。およそ200万年前に形成されたこの島は[5]、大規模な休火山であり、その最後の噴火はおよそ150万年前に起きたと推定される。その火山活動の歴史的証拠として、マグマ溜りの崩壊によって形成されたロス・ヘメロスまたは "The Twins" と呼ばれる2つの大きな穴がある。また、溶岩トンネルが各所に見られる。

島の中心は南海岸に位置するプエルト・アヨラであり[6]、サンタ・クルス島で最も人口の多いこの町はまた、群島のなかでも最大の住民を受け入れている[4]。中心地となるアカデミー湾英語版のプエルト・アヨラのほか、島にはいくつかの小さな村があり、その住民は農業や牛の飼育を仕事としている[2]

歴史[編集]

イタバカ海峡英語版(左: サンタ・クルス島。右: バルトラ島

サンタ・クルス島への入植は1930年代より始まる[6]。1935年[7][8]フロレアナ島英語版への入植を断念したノルウェー人のうち少数がサンタ・クルス島に移住した[9]。入植はアカデミー湾を中心として、やがて島の中腹にベラビスタ (Bellavista) やサンタ・ローサ (Santa Rosa) の村も成立していった[10]

1964年1月、アカデミー湾の東岸にチャールズ・ダーウィン研究所が開設された[11]。また、1968年10月にガラパゴス国立公園英語版管理局がチャールズ・ダーウィン研究所の中に設置された。1970年には群島の他の島とともに居住・農耕区域が定められて国立公園から除外され[12]、1972年には国立公園管理事務所がチャールズ・ダーウィン研究所と隣接した場所に開設された[13]

1970年代になると、アカデミー湾のプエルト・アヨラから空港のあるバルトラ島英語版に通じるイタバカ海峡英語版までの延長42kmにおよぶバス道路(南北横断道路)が1975年に完成し[12][14]、観光客の増加に伴いアカデミー湾沿岸部にホテルが設けられていった[15]。ガラパゴス諸島は、1978年、世界遺産自然遺産第1号に登録された[16]

以下に2000年以前の島内の人口推移を示す。1982年の資料は (a) (b) がある[17]

サンタ・クルス島内の人口推移[17]
地名 プエルト・アヨラ ベラビスタ サンタ・ローサ
1974年 900人 677人
1982年 (a) 2,390人 748人
1982年 (b) 3,127人 753人
1990年 4,294人 1,024人
1998年 7,836人 965人 363人

サンタ・クルス島の居住人口は、2004年には1万1,388人であったが[18]、2010年には1万5,393人となった[19]

主な場所[編集]

  • チャールズ・ダーウィン研究所(西: Estación Científica Charles Darwin, ECCD: Charles Darwin Research Station, CDRS
    非政府組織 (NGO) チャールズ・ダーウィン財団が運営し、群島の保全、調査・研究および教育を担う。施設内ではゾウガメの飼育・繁殖の取り組みがなされ、展示棟とともに見学できるよう整備されている。
  • ガラパゴス国立公園管理局本部(: Headquarters of the Galapagos National Park Service
    エクアドル政府管轄の行政機関。
  • ゾウガメ保護区: Giant Tortoise Preserves
    南西部の移行帯に位置するエル・チャト保護区(西: Reserva El Chato)には池沼があり[20]、鳥類も多く生息する[2]
  • ロス・ヘメロス(西: Los Gemelos: "The Twins")。
    ‘gemelos’ は「双子」の意。「双子陥没孔」[21]
  • スカレシア林(: Stand of Scalesia
  • 溶岩トンネル(: Lava Tunnels
  • イタバカ海峡(西: Canal de Itabaca: Itabaca Channel
  • トルトゥガ・ネグラスペイン語版(カレタ・トルトゥガ・ネグラ〈西: Caleta Tortuga Negra〉、ブラック・タートル・コーブ〈: Black Turtle Cove〉)
    マングローブが群生する入江。「ウミガメの入江」の名で知られ、多くのアオウミガメ: Pacific Green Turtle〈Black Turtle〉[22])が繁殖し、すぐ西側のバチャス海岸(ラス・バチャス〈西: Las Bachas〉)の砂浜で産卵する[2][23]
  • セロ・ドラゴン(西: Cerro Dragon: Dragon Hill
    北西海岸に位置する。ドラゴン・ヒル・ラグーン(: Lagoon at Dragon Hill)にはベニイロフラミンゴが生息する[24]。また、その名の由来となるガラパゴスリクイグアナの保護区でもある[2]
  • トルトゥガ湾英語版西: Bahía Tortuga: Tortuga Bay
    プエルト・アヨラの西に位置し、長い砂浜がある。
トルトゥガ湾の海岸

気候[編集]

群島は赤道上に位置するが、ペルー海流(フンボルト海流)が冷たい海水を送り込み[25]、また、南東貿易風により、ほとんど一年中よく霧雨を降らせる[3]。ガルア (garúa) と呼ばれる冷涼季(6-11月)には[26]、アカデミー湾の海面温度は平均 22 °C (72 °F) である[27]。また、冷たい風が常に南ないし南東から吹き込んで頻繁に霧雨をもたらし (garúas)、ほぼ終日、濃霧が島を隠し続ける[28]。温暖季(12-5月)には[26]、海面温度は平均 25 °C (77 °F) に上昇し[27]、風は吹かなくなり、時折の強い雨と強い日差しがある。

島では標高が増すとともに気候も変化する[29]。高地になるにつれて温度は次第に低下し、斜面の雲のなかの水分が凝結することで降水量は増加する[30]。標高だけでなく位置や季節によっても、ある場所と別の場所では降水量に大きな変動がある[31]

以下に1969年の雨量を示す。この表はサンタ・クルス島の異なる場所における降水量の変化を示している。

サンタ・クルス島の観測点の雨量(1969年)
観測点 チャールズ・ダーウィン
研究所
ディバイン・ファーム
(Devine Farm)
メディア・ルナ
(Media Luna)
標高 6 m 320 m 620 m
1月 23.0 mm 78.0 mm 172.6 mm
2月 16.8 mm 155.2 mm 117.0 mm
3月 249.0 mm 920.8 mm 666.7 mm
4月 68.5 mm 79.5 mm 166.4 mm
5月 31.4 mm 214.6 mm 309.8 mm
6月 16.8 mm 147.3 mm 271.8 mm
7月 12.0 mm 42.2 mm 135.6 mm
8月 3.8 mm 13.7 mm 89.5 mm
9月 18.5 mm 90.9 mm 282.6 mm
10月 3.2 mm 22.6 mm 96.5 mm
11月 11.0 mm 52.8 mm 172.7 mm
12月 15.7 mm 84.1 mm 175.3 mm
年間雨量 469.7 mm 1901.7 mm 2656.4 mm

降水量は地理的位置においても異なる。1969年の3月、サンタ・クルス島の南海岸にある観測点、チャールズ・ダーウィン研究所の降水量は 249.0 mm (9.80 in) であったが、島のすぐ北側にあるバルトラ島の同月の降水量はわずか 137.6 mm (5.42 in) であった。これはバルトラ島が南側から吹く南東貿易風に対して、サンタ・クルス島の後ろに位置し[32]、サンタ・クルス島の高地においてほとんどの水蒸気が落下するためである。

毎年ごとの降水量にも著しい変動がある[3]。チャールズ・ダーウィン研究所の観測点では、1963年の降水量は約 470 mm (18.50 in) であったが、1970年は 84 mm (3.31 in) となり[27]、1969年3月の降水量 249.0 mm (9.80 in) に対して、1970年3月の降水量はわずか 1.2 mm (0.05 in) であった。

植物[編集]

スカレシア林

サンタ・クルス島のような大きな島では、一般的に高地の湿潤地帯と低地の乾燥地帯に見られるような影響を植物相に与える。高地の植物は、所々熱帯の疎林を示すような緑豊かな傾向がある。低地帯では、多くは棘のある低木やサボテンのような乾燥または半乾燥地の植物であり、ほかはほとんどが露出した火山岩となる。

沿岸帯
沿岸地帯にはマングローブ林が見られ[33]、岩石海岸にはアメリカヒルギ英語版(別名レッドマングローブ)(ヤエヤマヒルギ属英語版RhizophoraR. mangle)、また、砂泥質海岸にはヒルギモドキ(別名ホワイトマングローブ)(LagunculariaL. racemosa)やブラックマングローブ英語版ヒルギダマシ属英語版AvicenniaA. germinans)が分布する[34]
乾燥地帯
乾燥低地帯にはサボテン林としてハシラサボテン英語版ヤスミノケレウス属英語版JasminocereusJ. howellii〈または J. thouarsii の亜種〉)とウチワサボテンオプンティア属OpuntiaO. echios)の2種が分布する[35]。また、パロサント(ブルセラ属英語版BurseraB. graveolens[36]、およびクロトン(ハズ属CrotonC. scouleri)の林などがある[37]
移行帯
移行帯ではピソニア(ピソニア属英語版PisoniaP. floribunda)のほか、プシジウム(バンジロウ属英語版PsidiumP. galapageium)林も見られるようになる[38]
湿潤地帯
湿潤山地帯にはスカレシア林が見られる。スカレシア林はキク科スカレシア属英語版 (Scalesia) のうち樹高約12mの高木となる S. pedunculata[39]常緑樹林である[40]。スカレシア属は15種が認められるガラパゴスの群島で進化した固有属であり[41]、サンタ・クルス島の低地の乾燥地帯には、スカレシア属のうち樹高2mまでの低木5種が分布する[42]。スカレシア林はサンタ・クルス島の南側では標高180-280mに、北側では標高560-670mに分布する[43]。ただし、サンタ・クルス島南側のスカレシア林は農地開拓により消滅した[44]。そのため2005年ごろより入植地における植生の復元が開始された[45]
島の南側においては、標高280mより再びプシジウム林があり、標高420mからはミコニア(オオバノボタン属英語版MiconiaM. robinsoniana)の低木林が見られる[46]
高山帯
南側にある高地帯にはイネ科などからなる草原が見られる[46]

帰化植物[編集]

かつては食用、観賞用または有用材として植物の持ち込みが自由になされ、それら数多くの植物が帰化し野生化している。例えば、サンタ・クルス島の湿潤地帯の上部より高地では、栽培果樹の高木であるグアバ (Psidium guajava) の野生化が見られる。アカキナノキ (Cinchona pubescens) はマラリアの特効薬であるキニーネを生産する木として島内に移入され、ミコニア林から草原高地帯に野生化し、スカレシア林にも拡大している。低木ではキイチゴ類Rubus niveus が1990年代初頭より認められている。また、クダモノトケイソウ (Passiflora edulis) の帰化が1975年に確認され、湿潤地帯に見られる[47]

野生生物[編集]

爬虫類[編集]

サンタ・クルス島には、ウミイグアナ (Amblyrhynchus cristatus) の固有亜種 A. c. hassi が分布するほか、北西部に[48]ガラパゴスリクイグアナ (Conolophus subcristatus) も生息する[49]。また、ヨウガントカゲ類(Microlophus 属)としては、: Galápagos Lava Lizard (M. albemarlensis) が分布する[50]

サンタクルスゾウガメ (Chelonoidis porteri)
新種となったファウストガメ英語版 (Chelonoidis donfaustoi)
ゾウガメ

サンタ・クルス島には、かつてガラパゴスゾウガメの固有亜種とされていたが、現在は固有種に分類されるサンタクルスゾウガメ (Chelonoidis porteri) が生息する[51]。その個体数は1974年の調査により、南西部に2,000-3,000頭、東部に100頭とされた[52]。このように以前より南西部方面の個体群と東部の小規模な個体群の2つに分かれることが知られていたが、2015年、遺伝子解析によりこれらは別種であると発表され、その結果、東部の個体群は新種として、ファウストガメ英語版 (Chelonoidis donfaustoi) と新たに命名された。その名称は長年「ロンサム・ジョージ」の飼育に携わったファウスト・ジェレナ・サンチェス (Fausto Llerana Sánchez) の名による。この東部のファウストガメの個体数は現在、約250頭とされる[53][54]

鳥類[編集]

ダーウィンフィンチ類が生息するほか、ガラパゴス諸島に分布するマネシツグミ類としてガラパゴスマネシツグミ (Mimus parvulus) の基亜種 M. p. parvulus が生息する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊藤 (1983)、2・9頁
  2. ^ a b c d e Santa Cruz”. Galápagos Conservancy. 2017年7月19日閲覧。
  3. ^ a b c 伊藤 (1983)、52頁
  4. ^ a b Newton『ガラパゴス』 (2003)、15頁
  5. ^ 日本ガラパゴスの会 (2010)、45-46頁
  6. ^ a b 水口 (1999)、142頁
  7. ^ 伊藤 (1985)、75頁
  8. ^ 伊藤 (2002)、187頁
  9. ^ 伊藤 (1983)、163-166頁
  10. ^ 伊藤 (1983)、166-167・180-181頁
  11. ^ 伊藤 (1983)、184頁
  12. ^ a b 伊藤 (2002)、20頁
  13. ^ 伊藤 (2002)、27・224-225頁
  14. ^ 伊藤 (2002)、170・180頁
  15. ^ 伊藤 (1983)、166-167頁
  16. ^ 西原弘・伊藤秀三・松岡數充 (2008). “ガラパゴス諸島、世界自然遺産第 1 号登録地の栄光と挑戦” (PDF). 地球環境 (国際環境研究協会) 13 (1): 41-50. http://www.airies.or.jp/journal_13-1jpn.html 2017年7月18日閲覧。. 
  17. ^ a b 伊藤 (2002)、173頁
  18. ^ 寿里順平 『エクアドル』 東洋書店2005年、111頁。ISBN 4-88595-580-7
  19. ^ 『エクアドルを知るための60章』 新木秀和、明石書店〈エリア・スタディーズ〉、2012年、第2版、262頁。ISBN 978-4-7503-3709-8
  20. ^ 伊藤 (1983)、78頁
  21. ^ 伊藤 (2002)、152頁
  22. ^ Swash & Still, 2003, p.116
  23. ^ 水口 (1999)、144-145頁
  24. ^ 伊藤 (2002)、124頁
  25. ^ 伊藤 (1983)、10頁
  26. ^ a b 水口 (1999)、33頁
  27. ^ a b c Michael H. Jackson (1993). Galapagos, A Natural HIstory. University of Calgary Press. pp. 27-28. 
  28. ^ 伊藤秀三. “ガラパゴス諸島について - ガラパゴス諸島の地理”. ガラパゴス諸島画像データベース. 長崎大学付属図書館. 2017年7月18日閲覧。
  29. ^ 伊藤 (1983)、45-50頁
  30. ^ 伊藤 (1983)、51-52頁
  31. ^ 伊藤 (1983)、52-54頁
  32. ^ 伊藤秀三 『ガラパゴス諸島』 中央公論社中公新書〉、1966年、50頁。
  33. ^ 伊藤 (1983)、41頁
  34. ^ 伊藤 (1983)、49頁
  35. ^ 藤原 (2001)、181頁
  36. ^ 水口 (1999)、45頁
  37. ^ 伊藤 (1983)、43-45・49頁
  38. ^ 伊藤 (1983)、41-46・49頁
  39. ^ 伊藤 (2002)、75頁
  40. ^ 伊藤 (1983)、46-49頁
  41. ^ 伊藤 (1983)、72頁
  42. ^ 伊藤 (1983)、54-55頁
  43. ^ 伊藤 (1983)、46-56頁
  44. ^ 水口 (1999)、46・48-49・143頁
  45. ^ 日本ガラパゴスの会 (2010)、193頁
  46. ^ a b 伊藤 (1983)、48-49・54-55頁
  47. ^ 伊藤 (2002)、181-190頁
  48. ^ 伊藤 (2002)、219-220頁
  49. ^ Swash & Still, 2003, p.118
  50. ^ Swash & Still, 2003, p.120
  51. ^ TFTSG, 2010. Turtles of the World, Update:Annotated Checklist of Taxonomy, Synonymy, Distribution, and Conservation Status (Checklist 000v3) pág. 117
  52. ^ 伊藤 (1983)、191頁
  53. ^ ガラパゴスのゾウガメに「新種」発見” (日本語). ニュース. ナショナルジオグラフィック (2015年10月24日). 2017年7月18日閲覧。
  54. ^ New Giant Tortoise Species Found on Galápagos Islands” (英語). Topics. National Geographic (2015年10月21日). 2017年7月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]