ガブリエル・マリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガブリエル=マリGabriel-Marie)ことジャン・ガブリエル・プロスペル・マリJean Gabriel Prosper Marie, 1852年1月8日 パリ - 1928年8月29日 カタルーニャ州プッチサルダー)は、フランス指揮者作曲家。よく知られる小曲『金婚式』(La cinquantaine)の作者である。

生涯[編集]

パリ音楽院に学び、はじめ、ピアノ奏者・ティンパニ奏者として活動し、1881年 - 1887年コンセール・ラムルーの合唱指揮者を勤めた。リヒャルト・ワーグナーに傾倒し、バイロイトにも行き、1887年5月3日シャルル・ラムルーパリで初めて『ローエングリン』を上演したときは、その合唱を指揮した。

1887年から1894年まで、国民音楽協会(Société nationale de musique)の演奏会を指揮した。この協会は、フランスの音楽を振興し、若手作曲家に作品発表の機会を与えるため、1871年サン=サーンスらの主導で設立され、1886年からはセザール・フランクが、1890年からはヴァンサン・ダンディが会長であった。

1891年からは、トロカデロ宮のオルガン演奏会の指揮もした。トロカデロ宮は、1878年パリ万博に際して現在のシャイヨ宮のある場所に建築され、そのコンサートホールに大きなオルガンが設置されたのである。

1894年から1902年までボルドーの聖セシリア協会管弦楽団(l'Orchestre de la Société Sainte-Cécile de Bordeaux、現在のボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団 Orchestre national Bordeaux Aquitaine)を指揮した。

1902年マルセイユへ移り住み、シーズン中はそこで、ヴァカンスの時期は保養地のヴィシーのカジノで指揮し、1912年に引退した。

1928年8月、ピレネーのプッチサルダー(プイサルダー)で突然客死した。76歳。死後の1930年、評論集『音楽のために』がパリで出版された。

なお、息子のジャン・ガブリエル=マリ(Jean Gabriel-Marie, 1907年 - 1970年)も作曲家であった。

音楽作品[編集]

ほかに、次の録音あるいは楽譜商品の記事が、ウェブ上にある。(順不同)

  • 陽気なセレナード(Sérénade Badine)
  • 前奏曲とフーガ(Prélude et Fugue)
  • ドシラ……(Do Si La…)
  • 新曲集(Nouvelles Compositions)
  • 奉献祭(La Présentation)
  • 13のスロヴァキアナ(Slovakiana, 13 Pièces)
  • 嘆き(Lamento)(1918)
  • 至上の幻想(L'Illusion Supreme )(1922)
  • とねりこの木の下で、ワルツ(Sous les frenes)Valse
  • 偉大な貴婦人、スコットランド舞踊(La grande dame, Scottische)
  • 可愛い顔(Frais minois)

出典[編集]

いろいろなウェブ情報のほか、

  • 岸辺成雄『音楽大事典』平凡社 (1983)
  • 浅香淳『新音楽辞典 人名』音楽之友社 (1982)

外部リンク[編集]