金婚式 (楽曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金婚式』(きんこんしき、原題:La cinquantaine)は、フランス作曲家ガブリエル・マリ1887年頃に作曲した楽曲。『古い様式によるエールAir dans le Style ancien)』という副題が付けられている。

概要[編集]

現在、作曲者の作品の中では唯一知られている曲で、もとは『チェロピアノのための2つの小品(Deux Pieces pour Cello et Piano)』の2曲目であるが、チェロの代わりにヴァイオリンで演奏されることも多く、その旋律の単純な美しさからオーケストラピアノ独奏用にも編曲され、広く演奏されている。

金婚式のお祝いという目的や、ヴァイオリンで演奏される場合はG線を使わないので澄んだ音色となり、演奏技術上も多くを求められないため、原曲をも超えてヴァイオリン愛好家に広く親しまれ、人気の高い作品である。

日本における演奏(録音)のもっとも早い例として、1934年にわずか14歳の諏訪根自子がSPレコードで録音を残している(コロムビアレコード)。

構成[編集]

イ短調アンダンティーノ、2分の2拍子三部形式

弱起(アウフタクト)で開始される、フリッツ・クライスラーの『愛の悲しみ』にも似た "E-A-E-E-E-E-D-E-F" の優雅な主題を、ピアノの簡単な低音が支える。

中間部は同主調イ長調へ転調し、堂々とした Music dynamic forte.svg で華やかな曲調となり、"Cis-E-A-Cis" のファンファーレがお祝いを演出する。

外部リンク[編集]