カール (ヴェステルイェートランド公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール
Prins Carl
Hertig av Västergötland
Carl of Sweden (1861) 1929.jpg
続柄 オスカル2世第三王子
称号 ヴェステルイェートランド公爵
全名 Oscar Carl Wilhelm
オスカル・カール・ヴィルヘルム
身位 Prins(王子)
敬称 英語の場合His Royal Highness(殿下)
出生 1861年2月27日
Flag of Sweden (1818-1844).svg スウェーデン=ノルウェーストックホルムアルヴフルステンス・パラトセット
死去 1951年10月24日(満90歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン、ストックホルム
配偶者 インゲボー・ア・ダンマーク
子女 マルガレータ
マッタ
アストリッド
カール
父親 オスカル2世
母親 ゾフィア・フォン・ナッサウ
テンプレートを表示

ヴェステルイェートランド公爵カール王子(スウェーデン語: Prins Carl, 全名:Oscar Carl Wilhelm, 1861年2月27日1951年10月24日)は、スウェーデンの王族。

ノルウェー国王ハーラル5世と、ベルギー国王ボードゥアン1世ならびにアルベール2世の祖父にあたる。

人物[編集]

オスカル2世とその妃でナッサウ公ヴィルヘルムの娘であるゾフィアの三男として生まれる。

カールは、1905年に起きたノルウェーによるスウェーデンからの独立を勝ち取る為の闘争の間、ノルウェー国王の候補者として名前を挙げられていた。しかし、父オスカル2世はノルウェーによる一連の反乱を、自身をノルウェー国王として認めないことに起因するものだとして、これを拒否した。このことから、カールがノルウェー国王となることはなかったが、代わりにデンマークのグリュックスブルク家のカール王子がホーコン7世として国王に迎えられることとなった。

家族[編集]

1897年8月27日デンマークコペンハーゲンで、デンマーク国王フレゼリク8世の次女であるインゲボー王女と結婚した。妻との間に1男3女をもうけた。