カール・ベルナドッテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エステルイェートランド公カール、1931年

カール・グスタフ・オスカル・フレドリク・クリスティアン・ベルナドッテCarl Gustaf Oscar Fredrik Christian Bernadotte, 1911年1月10日 ストックホルム - 2003年7月27日 マラガスペイン)は、スウェーデンの王族、スウェーデン王子(Prins av Sverige)。エステルイェートランド公(Hertig av Östergötland)の儀礼称号で呼ばれた。1937年に貴賤結婚をしたために王族の身分を失い、ベルナドッテ公(Prince Bernadotte)を称した。

スウェーデン王オスカル2世の三男ヴェステルイェートランド公カールと、デンマーク王フレゼリク8世の娘インゲボーの間の長男として生まれた。3人の姉のうち、次姉のマッタはノルウェー王太子オーラヴ(オーラヴ5世)と、三姉アストリッドはベルギー王レオポルド3世と結婚した。

カールは父親と同名であるため、スウェーデン王家では彼をムッレ(Mulle)という愛称で呼んでいた。母親のインゲボーは息子に「サムエル(Samuel)」と名づけようとしたが、王族の名前に相応しくないとして取りやめている。

1937年7月6日、王族の血を引かないローゼン伯爵夫人エルザ(Elsa von Rosen; 1904年 - 1991年)と身分違いの結婚をしたため、王位継承権および王族の身分を放棄した。義兄のベルギー王レオポルド3世は、カールにベルギー貴族としての爵位「ベルナドッテ公(Prince Bernadotte)」の称号を与え、また彼の男系子孫はベルナドッテ伯爵(夫人)を名乗ることが認められた。カールは1951年にエルザと離婚し、1954年にはアン・ラーション(1921年 - 1975年)と再婚したものの、1961年には再び離婚した。そして1978年にクリスティーネ・リヴェルスルッド(Kristine Rivelsrud; 1932年 - )と三度目の結婚をした。

カールは1950年代後半、スウェーデン国中の注目を集めたフースビ事件(Husebyaffären)の中心人物だった。カールはスウェーデン南部のヴェクショー郊外に広大な所領をもつ高齢のイギリス人女性フローレンス・スティーヴンス(Florence Stephens)から、違法な資産移譲によって彼女の財産を受け取っていたのだった。スティーヴンスはこれにより破滅し、カールは法廷に引き出された。カールは罪を全て自白したが、裁判所は彼を精神異常と断定し、罪を問える状態でないとして釈放した。

裁判の後まもなく、カールはスウェーデンを出国し、余生をスペインで送った。カールは2003年、スペイン南部のマラガで亡くなった。

子女[編集]

最初の妻エルザ・フォン・ローゼンとの間に娘が一人おり、ベルナドッテ伯爵夫人の姓を名乗った。

  • マデレーン・インゲボルグ・エラ・アストリッド・エルザ(1938年 - ) 1962年、Charles Albert Ullens de Schooten Whettnallと結婚