カール・ミルデンバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Karl Mildenberger
Karl Mildenberger 1966.jpg
基本情報
通称 Milde
階級 ヘビー級
身長 187cm
国籍 ドイツの旗 ドイツ
誕生日 (1937-11-23) 1937年11月23日(80歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
カイザースラウテルン
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 62
勝ち 53
KO勝ち 19
敗け 6
引き分け 3
テンプレートを表示

カール・ミルデンベルガーKarl Mildenberger1937年11月23日 - )は、ドイツの元プロボクサー勇猛果敢なファイトで人気を博したファイター[要出典]で、最高位はWBC世界ヘビー級第3位。

来歴[編集]

1958年10月15日、プロデビュー[1]

1964年10月17日、ベルリンにてイタリアのサント・アモンティを破り、EBU欧州ヘビー級チャンピオンとなる[1]。以後、6度の防衛に成功。

1966年9月10日、フランクフルト・アム・マインで世界ヘビー級王者モハメド・アリに挑戦[1]。アリは終始パワフルな攻撃を見せるが、ミルデンバーガーは打たれても打たれても強靭な精神力で耐え続け、アリが休むと怒涛の反撃を見せる。しかし、ワンサイドで打たれまくったミルデンベルガーの危険を察したレフェリーが、12ラウンドに遂にストップを宣告するという壮絶な試合となった。TKO勝ちを宣せられたアリは後年、ミルデンベルガーをジョー・フレージャー以上に困難な対戦相手だったと評している[2]

1968年9月18日、ロンドンにてイギリスのヘンリー・クーパーに敗れて欧州ヘビー級王座の7度目の防衛に失敗、この試合を最後に引退[1]。生涯戦績は62戦53勝(19KO)6敗3分[2]

引退から10年後の1978年11月9日、ドイツ人プロレスラーローラン・ボックがプロモートしたフランクフルトでのプロレス興行において、アントニオ猪木異種格闘技戦を行った。4ラウンドには猪木からダウンを奪うも、最後は逆エビ固めで敗れた。ルールは通常のボクシング・グローブを着用したまま行われた。アントニオ猪木対モハメド・アリをイメージしてのマッチメイクとされる[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Karl Mildenberger”. BoxRec. 2014年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c 『Gスピリッツ Vol.23』 P67-68(2012年、辰巳出版ISBN 4777810054)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]