カール・マルクス・ホーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カール・マルクス・ホーフ(Karl-Marx-Hof)はウィーン19区にある集合住宅。カール・エーンの設計により1926-30年に建設され、表現主義的な造形で知られる。名称は思想家カール・マルクスに因む。

概要[編集]

カール・マルクス・ホーフ
衛生・解放・教育・福祉の彫刻

第一次世界大戦の敗戦、ハプスブルク帝国の崩壊を経たウィーンでは、社会民主党が政権を握った(赤いウィーン)。旧帝国官吏の流入や戦後の結婚ブームにより世帯数が増加し、住宅難が深刻となったため、失業対策も兼ねて大量の市営住宅建設が計画された[1]。1923年に15棟の集合住宅が完成し、以後、1924年から34年(社会民主党政権崩壊)までに384棟、61,175戸の集合住宅が建設された[2]

その中で最も有名なカール・マルクス・ホーフは、ベートーヴェンの家やホイリゲ(ワイン酒場)で知られるハイリゲンシュタットの駅前にある。ドナウ運河近くの鉄道に沿った複数の街区にまたがり、全長1.2kmに及ぶ巨大な建造物である[3]。「赤いウィーン」の記念碑的作品と言われ、戸数は1382、中庭を囲む形式の集合住宅である[4]

駅に面した中央部分のファサードは4つのアーチとその上に立つ塔が特徴的で、表現主義的と評される。アーチをくぐった先は公園になっている。公園側のアーチ頂部には4つの彫刻が置かれており、それぞれ衛生・解放・教育・福祉を表している[5]。各住戸は平均50㎡ほどで狭いが、敷地内に共同の浴場、洗濯場、保育園、スポーツ場などがある[6]

設計者のカール・エーン(Karl Ehn)はウィーン市役所の建築家でオットー・ワーグナーの教え子である。中庭形式のプランは多くの市営住宅で採用され、ワーグナーによるウィーン22区のための都市計画案(1911年)の影響が見られる[7]

1934年、社会民主党政権が崩壊し、内乱状態(2月内乱)になると、武装した労働者が籠城したが、オーストリア軍によって鎮圧された。その後、ハイリゲンシュタッター・ホーフと改名された[8]が、現在は元の名称に戻っている。

エピソード[編集]

  • 映画『愛の嵐』の舞台になった。

文献[編集]

  • 松葉一清『集合住宅』(ちくま新書、2016年)
  • 田口晃『ウィーン』(岩波新書、2008年)
  • 大川三雄・川向正人・初田亨・吉田鋼市『図説 近代建築の系譜』(彰国社、1997年)

注釈[編集]

  1. ^ 田口、p202。
  2. ^ 田口、p208。
  3. ^ 松葉、p100。
  4. ^ 大川他、p196-197。
  5. ^ 松葉、p101-103。田口、p216-217(身体文化・自由・啓蒙・福祉)。
  6. ^ 松葉、p95、104。田口、p216-217。
  7. ^ 大川他、p196-197。
  8. ^ 田口、p238-239。