カール・クラウス・フォン・デア・デッケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール・クラウス・フォン・デア・デッケン

カール・クラウス・フォン・デア・デッケン(Karl Klaus (Carl Claus) von der Decken、1833年8月8日 - 1865年10月2日)はドイツの貴族、探検家である。アフリカ東部を探検し、キリマンジャロ登頂に挑んだことなどで知られる。

略歴[編集]

ブランデンブルク州のコツェンに生まれた。祖父のクラウス・フォン・デア・デッケン(Klaus von der Decken: 1742-1826)はハノーファー王国の首相を務めた家柄である。軍務に就いた後、1860年にアフリカ東部に旅した。ニアサ湖周辺領域を探検した。デイヴィッド・リヴィングストンがヨーロッパ人として始めてアフリカ東部を探検した翌年にあたる。1861年にイギリスの地質学者、リチャード・ソーントンとキリマンジャロを調査し、その標高を測定し、登頂をめざすが、天候にめぐまれず8200フィート(2500m)の地点までしか到達できなかった。翌年、化学者のオットー・ケルステンとともに再度の登頂に挑戦し、14000フィート(4280m)の地点まで到達した。この時も天候の悪化とカーステンの報告によれば、ポーターが非協力的であったのでそれ以上の登攀を断念した。

1863年にフォン・デア・デッケンは興味はアフリカ東海岸沖の島々の探検に移りマダガスカルマスカリン諸島などを訪れた。

1864年にロンドンの王立地理学会から、キリマンジャロの調査の功績に対してパトロンズ・メダルを贈られた[1]

1865年にソマリアのジュバ川を探検するために、ドイツで特注の蒸気船を手配し、ザンジバルで組み立てて、ジュバ川を遡上した。船はバルデラのあたりで座礁し、一行は地元のソマリ族から襲撃を受け、フォン・デア・デッケンを含め3名の隊員が殺された。

東アフリカに生息するサイチョウ科の鳥類の種、Tockus deckeniキキョウ科の植物の種、Lobelia deckeniiにフォン・デア・デッケンの名前がつけられた。

著作[編集]

旅行記の図版、キリマンジャロ
旅行記の図版

没後母親のAdelheid von Plessによって次の旅行記が出版された。

  • Reisen in Ost-Afrika in den Jahren 1859 bis 1865, Carl Claus von der Decken bearbeitet von Otto Kersten, Band 1, Erzählender Teil 1869 auch: Nachdruck 1978 mit einem Vorwort von Dietmar Henze, 335 S.
  • Reisen in Ost-Afrika in den Jahren 1859 bis 1865, Carl Claus von der Decken, bearbeitet von Otto Kersten, Band 2, Erzählender Teil 1871 auch: Nachdruck 1978 mit einem Vorwort von Dietmar Henze, 454 S.
  • Reisen in Ost-Afrika in den Jahren 1859 bis 1865, Carl Claus von der Decken, bearbeitet von W.C.H.Peters, J.Cabanis, F.Hilgendorf, ... Band 3, Wissenschaftlicher Teil, Erste Abteilung Säugetiere, Vögel, Amphibien, Fische, ... 1869 online1online2 169 S.
  • Reisen in Ost-Afrika in den Jahren 1859 bis 1865, Carl Claus von der Decken, bearbeitet von Adolph Gerstaecker, Band 3, Wissenschaftlicher Teil, Zweite Abteilung Gliederthiere (Insekten, Arachniden, Myriopoden und Isopoden) 1873 [1] 544 S.
  • Reisen in Ost-Afrika in den Jahren 1859 bis 1865, Carl Claus von der Decken, bearbeitet von Alexander Sadebeck, Band 3, Wissenschaftlicher Teil, Dritte Abteilung Geologie; Botanik; Meteorologie; astronomische, geodätische und Höhenmessungen; magnetische Beobachtungen; Geschichtstabellen; Literaturübersicht 1879 424 S.
  • Reisen in Ost-Afrika in den Jahren 1859 bis 1865, Carl Claus von der Decken, bearbeitet von O.Finsch und G.Hartlaub Band 4, Wissenschaftlicher Teil, Die Vögel Ost-Afrikas, 1870 00 S. 15 Zeichnungen der Vögel aus diesem Band in WIKIMEDIA COMMONS
  • Reisen in Ost-Afrika in den Jahren 1859 bis 1865, Carl Claus von der Decken, Erzählender und Wissenschaftlicher Teil alle 6 Bände im Nachdruck Saarbrücken 2006 (PDF; 1,3 MB)
  • Adolph Gerstaecker, C. Cooke, Otto Kersten & Karl Klaus von der Decken: Die Gliederthier-Fauna des Sansibar-Gebietes. Nach dem von Dr. O. Kersten während der von der Decken’schen Ost-Afrikanischen Expedition im Jahre 1862 und von C. Cooke auf der Insel Sansibar im Jahre 1964 gesammelten Material. C. F. Winter’sche Verlagshandlung, Leipzig & Heidelberg, 1873, [2] 542 S., 18 Farbtafeln.

脚注[編集]

  1. ^ Medals and Awards, Gold Medal Recipients (PDF)”. Royal Geographical Society. 2016年11月23日閲覧。

参考文献[編集]