カンザシバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンザシバト
カンザシバト
保全状況評価
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハト目 Columbiformes
: ハト科 Columbidae
: カンザシバト属
Microgoura
: カンザシバト
M. meeki
学名
Microgoura meeki
和名
カンザシバト
英名
Choiseul Crested Pigeon

カンザシバト(学名:Microgoura meeki) は、ハト目ハト科に属する

太平洋ソロモン諸島北部のシュワゼル島に生息していたが、すでに絶滅した。

形態と生態[編集]

体色は頭の飾り羽根・頭部・首・背中と羽の一部が藍色、残りの部分が褐色。ニューギニアカンムリバトに近縁といわれる。もっぱら地上生活をしていたとされる。

絶滅の経緯[編集]

1904年に初めて採集されたが、後にも先にもそれ以外に採集された記録がない。現地人の話によると、第二次世界大戦の頃までは姿が見られたが、その後移入されたネコによって捕らえられてしまったという。


執筆の途中です この項目「カンザシバト」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類