カワラニガナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カワラニガナ
Ixeris tamagawaensis 1.JPG
福島県会津地方 2008年5月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: ニガナ属 Ixeris
: カワラニガナ I. tamagawaensis
学名
Ixeris tamagawaensis (Makino) Kitam.
和名
カワラニガナ(河原苦菜)

カワラニガナ(河原苦菜、学名:Ixeris tamagawaensis)は、キク科ニガナ属多年草

特徴[編集]

の高さは10-30cmになる。は線形または線状披針形で、長さ8-15cm、幅3-5mm、ふつう全縁であるが、粗い鋸歯状を呈するものもある。花期は5-8月で、直径15-20mmになる淡黄色の頭花を1株に10数個つける。冠毛は白色。

分布と生育環境[編集]

本州の中部地方以北に分布し、河原の礫地や砂地などに生育し、しばしば大株となり群生する。学名の種小名 tamagawaensis多摩川に由来する。

保全状況評価[編集]

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

Status jenv NT.png

2007年8月レッドリスト。以前の環境省レッドデータブックでは絶滅危惧II類 (VU)

ギャラリー[編集]

頭花 
冠毛 
葉 

参考文献[編集]