カマドドリ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カマドドリ科
セアカカマドドリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : タイランチョウ亜目 Tyranni
下目 : カマドドリ下目 Furnariides
小目 : カマドドリ小目 Furnariida
上科 : カマドドリ上科 Furnarioidea
: カマドドリ科 Furnariidae
学名
Furnariidae
シノニム

Furnarioidae

和名
カマドドリ(竈鳥)
英名
Ovenbirds
亜科

カマドドリ科(カマドドリか、学名 Furnariidae)は、鳥類スズメ目の科である。分類によってはカマドドリ上科 Furnarioidae とも。

カマドドリ(竈鳥)と総称されるが、狭義にはカマドドリ亜科をカマドドリと呼び、オニキバシリ(オニキバシリ亜科)とは区別される。

特徴[編集]

新熱帯区中南米のほぼ全域、ただしカリブ諸島を除く)に生息する。

全長12~37cm[1]

一部の種(主にカマドドリ亜科カマドドリ族)が、枝の上に、あるいは人工物の上などに、泥でできた(かまど)状のを作ることから、カマドドリ (英語: ovenbirds) と呼ぶ。ただし科全体の巣作りは多様で、地上に枯れ草などで巣を作る種、樹洞を巣にする種なども多い。

系統と分類[編集]

系統樹は Moyle et al. (2009)[2]; Irestedt et al. (2009)[3]より。

カマドドリ小目
カマドドリ上科
カマドドリ科

ヤブクグリ亜科 Sclerurinae



カマドドリ亜科

キノボリカマドドリ族 Pygarrhichini



カマドドリ族 Furnariini



オナガカマドドリ族 Synallaxini



マユカマドドリ族 Philydorini




? ホオジロカマドドリ属 Xenops



オニキバシリ亜科 Dendrocolaptinae





アリツグミ科 Formicariidae



ジアリドリ上科

ジアリドリ科 Grallariidae



オタテドリ科 Rhinocryptidae




カマドドリ科の姉妹群アリツグミ科であり、合わせてカマドドリ上科 Furnarioidea となる。かつてはカマドドリ上科はカマドドリ科のみの単型だったが、ジアリドリ科の一部がアリツグミ科として移された。

カマドドリ科は3つの亜科に分かれる[4]。ここでのカマドドリ科をカマドドリ上科 Furnariidae とし、3科に分ける分類もある[2]

オニキバシリ亜科は伝統的には独立したオニキバシリ科とされてきたが、側系統のカマドドリ科に内包されていたため、カマドドリ科に統合された(あるいはカマドドリ科からヤブクグリ科が分離された)。当初は旧カマドドリ科全体をカマドドリ亜科としていた。つまり、カマドドリ亜科にヤブクグリ亜科を含めていた (Sibley & Ahlquist 1990)。カマドドリ亜科のホオジロカマドドリ属 Xenops は亜科の中で最初に分岐したが、別系統でオニキバシリ亜科の姉妹群だとする説もある[3]

伝統的にカマドドリ科(オニキバシリ科を除く)は、カマドドリ亜科 Furnariinae・マユカマドドリ亜科 Philydorinae・オナガカマドドリ亜科 Synallaxinae の3亜科に分かれ、カマドドリ科がカマドドリ亜科(ヤブクグリ亜科を含む)になるとそれらはカマドドリ族 Furnariini・マユカマドドリ族 Philydorini・オナガカマドドリ族 Synallaxini の3族となった。これらは分子系統により修正を受け、かなりの属が変更され、またキノボリカマドドリ族が加わった(一部はヤブクグリ亜科となった)。

種リスト[編集]

国際鳥類学会議 (IOC)[5]より。73属307種。ただしカマドドリ亜科・オニキバシリ亜科は省略。

ヤブクグリ亜科[編集]

カマドドリ亜科[編集]

オニキバシリ亜科[編集]

出典[編集]

  1. ^ 竹下信雄, “カマドドリ&オニキバシリ”, 日本大百科全書 (Yahoo!百科事典 ed.), 小学館 
  2. ^ a b Moyle, R.G.; Chesser, R.T.; et al. (2009), “Phylogeny and phylogenetic classification of the antbirds, ovenbirds, woodcreepers, and allies (Aves: Passeriformes: infraorder Furnariides)”, Cladistics 25: 1–20, doi:10.1111/j.1096-0031.2009.00259.x 
  3. ^ a b Irestedt, M.; Fjeldså, J.; et al. (2009), “Convergent evolution, habitat shifts and variable diversification rates in the ovenbird-woodcreeper family (Furnariidae)”, BMC Evol. Biol. 9: 268, http://www.biomedcentral.com/1471-2148/9/268 
  4. ^ Remsen, Jr., J.V.; Cadena, C.D.; et al. (2010), “Part 6. Suboscine Passeriformes, A (Eurylaimidae and Furnariidae)”, in AOU, A classification of the bird species of South America, Version 8 July 2010, http://www.museum.lsu.edu/~Remsen/SACCBaseline06.html 
  5. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2010), “NZ wrens & pittas to ovenbirds”, IOC World Bird Names, version 2.5, http://www.worldbirdnames.org/n-wrens.html