カマサイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カマサイト
カマサイト
分類 元素鉱物(合金鉱物)
化学式 (Fe,Ni)
結晶系 等軸晶系
モース硬度 4
光沢 金属光沢
鋼灰色
条痕 鉄灰色
比重 7.9
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

カマサイト(kamacite)は、隕石(鉄隕石)中に見られる鉱物の一種。組成はニッケル合金 (Fe,Ni) で、組成比は大体90:10から95:5であるが、コバルト炭素のような成分を含むこともある。

比重8。モース硬度4。六方晶系または等軸晶系

2006年に鉱物の独立種とは否定され、ニッケルに富む自然鉄の変種となった。

参考文献[編集]

  • 森本信男『造岩鉱物学』東京大学出版会、1989年。ISBN 4-13-062123-8
  • 松原聰宮脇律郎『日本産鉱物型録』東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年。ISBN 978-4-486-03157-4
  • 国立天文台編『理科年表 平成20年』丸善、2007年。ISBN 978-4-621-07902-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]