カビアーテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カビアーテ
Cabiate
カビアーテの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
ロンバルディア州の旗 ロンバルディア
県/大都市 Blank.png コモ
CAP(郵便番号) 22060
市外局番 031
ISTATコード 013035
識別コード B313
分離集落
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
気候分類 zona E, 2406 GG
公式サイト リンク
人口
人口 7,404 [1](2021-01-01)
人口密度 2,299.4 人/km2
文化
住民の呼称 カビアテージ (cabiatesi)
守護聖人 santa Maria Nascente
祝祭日 9月8日
地理
座標 北緯45度40分 東経09度10分 / 北緯45.667度 東経9.167度 / 45.667; 9.167座標: 北緯45度40分 東経09度10分 / 北緯45.667度 東経9.167度 / 45.667; 9.167
標高 237 (230 - 271) [2] m
面積 3.22 [3] km2
カビアーテの位置(イタリア内)
カビアーテ
カビアーテの位置
コモ県におけるコムーネの領域
コモ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

カビアーテ: Cabiate)は、イタリア共和国ロンバルディア州コモ県にある、人口約7,400人の基礎自治体コムーネ)。

歴史[編集]

745年、文献に初めて「Vico Capiete」として登場する[4]。 市中心部のテロ川の岸辺から始まり、城を囲んで発展した。 近くのメーダブリアンツァと共に歴史を刻んだ。

1024年以前は、カビアーテ市民はメーダのSan Vittore修道院に通っていた。

1535年以前はミラノとの関係が深く、以降はスペイン帝国と強く繋がった。

1538年まではMarliani家が支配していたが、Giussani家、Taverna、再びMarliani家と支配権が移り、1643年にはインヴェリーゴのCrivelli家に移った。

第二次世界大戦では、ナチスドイツ軍がコモに撤退する際に通過した。 1945年4月25日以降、ファシストとして3人が殺害された。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

コモ県南部、ブリアンツァ地方のコムーネ。モンツァから北西へ13km、県都コモから南南東へ16km、州都ミラノから北へ23kmの距離にある[5]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。MBはモンツァ・エ・ブリアンツァ県所属。

地震分類[編集]

イタリアの地震リスク階級 (itでは、4 に分類される [6]

町政[編集]

  • 町長: マリアピア・タリアブーエ (Mariapia Tagliabue) - 2019-26-05より (2º mandato)

教育[編集]

幼稚園[編集]

  • 私立
    • パドゥッリ幼稚園

小学校[編集]

中学校[編集]

  • 「ドン・ミラーニ」総合的な学校
    • カルロ・カルデーら中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

県道[編集]

  • コモ県道SP36号

路線バス[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Resident population on 1st January : Lombardia” (英語). 2021年5月10日閲覧。左側メニューのPopulation and Households > Population > Resident population on 1st January > Regions and municipalities より州を選択
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Como (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2016年12月19日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Como (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2016年12月19日閲覧。
  4. ^ A. Grandi 1. “The history of Cabiate”. Comune di Cabiate. 2020年2月14日閲覧。
  5. ^ 地図上で2地点の方角・方位、距離を調べる”. 2016年12月19日閲覧。コモは"comune di Como"で検索。
  6. ^ classificazione sismica 1 dicembre 2020 (xls)”. イタリア市民保護局. 2021年2月7日閲覧。
  7. ^ Eleonora Anna Giorgi” (イタリア語). fidal.it. 2013年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]