カナメモチ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カナメモチ属
Stranvaesia davidiana0.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : サクラ亜科 Amygdaloideae
: ナシ連 Pyreae
: カナメモチ属 Photinia
学名
Photinia Lindl.
タイプ種
カナメモチ
シノニム

Stranvaesia Lindl. ?

カナメモチ属 (カナメモチぞく、Photinia) は、バラ科サクラ亜科ナシ連の1属。

分類[編集]

従来、広義の説と狭義の説とがあり、広義のカナメモチ属 (e.g. Robertson et al. 1991) は

からなっていた[1]

Guo et al. (2011)[1]はこれらの系統関係を明らかにし3属に整理した。

しかし Li et al. (2012)[2]では、アロニア属とカマツカ属の除外は確認されたが、狭義のカナメモチ属も複数の遠縁な系統からなる可能性がある(Stranvaesia はその1つに近縁である)。

主な種[編集]

広義のカナメモチ属は約65種を含んでいた[1]

分離された主な種[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Guo, W., Yu, Y., Shen, R.J., Liao, W.B., Chin, S.W., Potter, D., 2011. A phylogeny of Photinia sensu lato (Rosaceae) and related genera based on nrITS and cpDNA analysis. Plant Syst. Evol. 291, 91–102.
  2. ^ Li, Qing-Yan; Guo, Wei; Liao, Wen-Bo; Macklin, James A.; Li, Jian-Hua (2012), “Generic limits of Pyrinae: Insights from nuclear ribosomal DNA sequences”, Botanical Studies 53: 151-164, http://ejournal.sinica.edu.tw/bbas/content/2012/1/Bot531-14.pdf