カトウェイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カトウェイク
Gemeente Katwijk
Hilversum centrum A.jpg
カトウェイクの市旗 カトウェイクの市章
基礎自治体旗 基礎自治体章
位置
カトウェイク位置の位置図
カトウェイク位置
位置
カトウェイクの位置(オランダ内)
カトウェイク
カトウェイク
カトウェイク (オランダ)
カトウェイクの位置(ベネルクス内)
カトウェイク
カトウェイク
カトウェイク (ベネルクス)
カトウェイクの位置(北欧と中欧内)
カトウェイク
カトウェイク
カトウェイク (北欧と中欧)
座標 : 北緯52度20分 東経04度40分 / 北緯52.333度 東経4.667度 / 52.333; 4.667
行政
オランダの旗 オランダ
  南ホラント州
 基礎自治体 カトウェイク
地理
面積  
  基礎自治体域 31.06 km2
    陸上   24.65 km2
    水面   6.40 km2
人口
人口 (2013年1月1日現在)
  基礎自治体域 62,688人
    人口密度   2,471人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
郵便番号
公式ウェブサイト : http://www.katwijk.nl

カトウェイク: Katwijk [ˈkɑtʋɛik] ( 音声ファイル))は、オランダ西部南ホラント州基礎自治体ヘメーンテ)。 北海に面し、ライデンの北西、ハーグの16km北に位置している。街はアウデ・ライン川沿いに発達している。

歴史[編集]

カトウェイクの名前は、おそらくゲルマン系種族のカッティ族 (Chatti)の名前に起源を持つ。オランダ語ウェイク (wijk) は、土地 (area) を意味するため、街の名前は「カッティ族の土地」のような意味を持つものと考えられている。

ローマ時代、カトウェイクは戦略上重要な場所であった。 ライン川河口エリア、当時、現在よりもは広大で、更にローマ帝国の北側の国境であった。 当時もライン川沿いは、交通量が多かった。 更にカトウェイクは、ブリテン島に船で渡るためのポイントでもあった。

街はクラウディウス帝の統治時代に、Lugdunum Batavorum の名前で建設された。 この名前は、ライデンの名前と関連があるとされていたが、今ではこれは正しくないと考えられている。

1231年、Catwijck の名前で初めて文献に登場した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]