オーレ・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オーレ・シュミットOle Schmidt, 1928年7月14日 - 2010年3月6日)はデンマーク指揮者作曲家

略歴[編集]

コペンハーゲンに生まれる。ジャズピアニストとして出発した珍しいキャリアを持つ。王立デンマーク音楽院ピアノ作曲指揮を修めた後、アルベール・ヴォルフラファエル・クーベリックセルジュ・チェリビダッケに指揮を学ぶ。1958年から1965年までデンマーク王立歌劇場管弦楽団のバレエ指揮者をつとめ、その後もハンブルク交響楽団デンマーク国立放送交響楽団等で活躍。さらにマンチェスター王立ノーザン音楽大学終身客演指揮者、1989年から1991年までトレド交響楽団アメリカ合衆国オハイオ州)の首席指揮者を歴任した。特にニールセンの全集については、彼の指揮するロンドン交響楽団の演奏が知られている。