オーガスト・ドヴォラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーガスト・ドヴォラック
August Dvorak
生誕 (1894-05-05) 1894年5月5日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州グレンコー英語版[1]
死没 1975年10月10日(1975-10-10)(81歳)
職業 心理学者、大学教授
著名な実績 Dvorak配列

オーガスト・ドヴォラック(August Dvorak、1894年5月3日 - 1975年10月9日[2])は、アメリカ合衆国教育心理学者であり[3]ワシントン州シアトルワシントン大学の教授である[4]。彼と義兄弟のウィリアム・ディーリーは、1930年代にコンピュータキー配列Dvorak配列を開発したことで最もよく知られている。

1894年にミネソタ州グレンコー英語版[1]で生まれた。中等教育卒業後、1911年から1915年にかけて小学校教師を務めた後、1916年にミネソタ大学に入学し、1920年に文学学士を取得した。その後、ミネソタ大学附属高校の教師を務めながら研究を進め、1920年9月21日にDr. Hermione Louise Dealey(ウィリアム・ディーリーの妹)と結婚した。子供は三女以上あり。[1]

"A Study of Achievement and Subject Matter in General Science"で[1]1923年ミネソタ大学University of Minnesota)で博士号を取得した後、ワシントン大学(University of Washington)に移り、特異児の才能発揮に関する研究をおこなう。1926年タイプライター教育に関する研究を開始し(同門下で修士論文に取り組んだFord[5]が修士となった1928年、ないし その翌1929年に研究を開始したとの説もある[1])、1932年Dvorak配列を発表。1933年から1935年にかけてカーネギー財団基金により、タイプライター教育に関する研究をさらに発展させた。1936年、ドヴォラックとディーリーは、Nellie Merrick、Gertrude Fordと共に、"Typewriting Behavior英語版"という本を執筆した。これは、タイピングの心理学と生理学に関する詳細なレポートである。1945年には片手用のタイプライター配列を提案した[6]。その間もDvorak配列を採用するようアメリカ政府に働きかけ、実際に4ヶ月間の試験までおこなわれたが、1956年7月1日にアメリカ政府はDvorak配列の不採用を決定。その後ドヴォラックは、IBM 650などを用いた統計心理学に研究の中心をシフトさせた。

ドヴォラックは1917年から1918年のパンチョ・ビリャ遠征英語版の際にアメリカ陸軍野戦砲兵に従軍し、その際に負傷した。その後陸軍を退役して、アメリカ海軍予備隊に入隊し、第一次世界大戦まで数学と航海を教えていた。第一次世界大戦では、鹵獲したドイツの民間船でドイツ軍捕虜を帰国させる任務に従事し、1919年に退役した[7]第二次世界大戦では、海軍でガトー級潜水艦の艦長を務めた[8]

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークは、遠縁の親戚にあたる[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 安岡, 孝一. “タイプライターに魅せられた男たち・第35回 オーガスト・ドボラック(1)”. 2012年6月13日閲覧。
  2. ^ Cassingham, R. C. (1986). The Dvorak Keyboard. Freelance Communications. 0-935309-10-1. Page 5.
  3. ^ Cassingham, page 32.
  4. ^ Dvorak, August et al. (1936). Typewriting Behavior. American Book Company. Title page.
  5. ^ Ford, Gertrude Catherine (1928). A Study of Typewriting Errors. 
  6. ^ The first such machine built in accordance with Dvorak's one-handed layout was designed and constructed by Martin Tytell, also known a "Mr. Typewriter", of New York City. Kursh, Harry. Mechanix Illustrated, January 1951, pp. 74 et seq. See Meet Mr. Typewriter
  7. ^ “War Service Records of Enlisted Men”. The Phi Delta Kappan 6 (2): 16–18. (1923-01-01). JSTOR 20257337. 
  8. ^ Pournelle, Jerry (1985年9月). “PC, Peripherals, Programs, and People”. BYTE: pp. 347. https://archive.org/stream/byte-magazine-1985-09/1985_09_BYTE_10-09_Homebrewing#page/n329/mode/2up 2013年10月27日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Hermione Dealey Dvorak and August Dvorak: "Commitment as Deliquent?", Journal of the American Institute of Criminal Law and Criminology, Vol.13, No.2 (1922年8月), pp.258-265.
  • August Dvorak: "Recognition of Individual Differences in the Junior High School", The School Review, Vol.15, No.9 (1922年11月), pp.679-685.
  • August Dvorak: A Study of Achievement and Subject Matter in General Science, University of Minnesota, Ph. D. Thesis (1923).
  • August Dvorak: "The Relation of I. Q. to the Prognosis of Special Class Pupils", School and Society, Vol.19, No.495 (1924年6月21日), pp.736-744.
  • August Dvorak, J. J. Rae: "A Comparison of the Achievement of Superior Children in Segregated and Unsegregated First-Grade Classes", The Elementary School Journal, Vol.29, No.5 (1929年1月), pp.380-386.
  • August Dvorak and Gertrude C. Ford: "Typewriting Demons", The Journal of Business Education, Vol.VII, No.6 (1932年5月), pp.18-19.
  • Willis L. Uhl and August Dvorak: "Cost of Teaching Typewriting Can Be Greatly Reduced", The Nation's Schools, Vol.11, No.5 (1933年5月), pp.39-42.
  • William L. Dealey and August Dvorak: "Why and Wherefore of Typewriting Errors", The Journal of Business Education, Vol.9, No.2 (1933年10月), pp.15-16; No.3 (1933年11月), pp.19-20.
  • August Dvorak and Nellie L. Merrick: "Correct Typing Motions", The Business Education World, Vol.17, No.8 (1937年4月), pp.555-559.
  • August Dvorak: "There Is a Better Typewriter Keyboard", National Business Education Quarterly, Vol.12, No.2 (1943年12月), pp.51-58,66.
  • Richard B. Lewis: "Scientific One-Hand Typing", Popular Science, Vol.148, No.3 (1946年3月), pp.131-133.
  • August Dvorak: "A One-Hand Keyboard for One-Handers", Handicap: The News Magazine for the Nation's Handicapped, Vol.2, No.1 (1948年4月), pp.2-3.
  • Paul Horst, August Dvorak, and Calvin Wright: "Computer Applications to Psychological-Programs", Educational and Psychological Measurement, Vol.21, No.3 (1961年8月), pp.699-719.
  • Philip Davis: "In Memory of August Dvorak", Computers and People, Vol.25, No.1 (1976年1月), pp.16,34-35.

外部リンク[編集]