オレグ・クリサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オレグ・ヴァシリエヴィチ・クリサ
生誕 (1942-06-01) 1942年6月1日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • オレフ・ヴァシロヴィチ・クルイサ
  • オレフ・クルイサ
  • オレグ・クルイサ
  • オレフ・クリサ

オレグ・ヴァシリエヴィチ・クリサロシア語: Олег Васильевич Крыса, ウクライナ語: Олег Васильович Криса, ラテン語表記例: Oleg Vasilyevich Krysa, Oleh Vasylovych Krysa;1942年6月1日 - )は、ソ連出身で、アメリカで活動するヴァイオリニスト、教育者。

経歴[編集]

ウクライナウハネで生まれ、リヴィウにて育つ。6歳からヴァイオリンを始め、1960年にモスクワ音楽院に入学してダヴィッド・オイストラフに師事する。モスクワ音楽院在学から、各種のコンクールで名前を轟かせた。音楽院卒業後、キエフ・フィルハーモニーのソリストとして活躍するが、その後、再びモスクワに出て、ベートーヴェン弦楽四重奏団の第一ヴァイオリン奏者として活躍する(1977~1987年)。

また、教育者としてはモスクワ音楽院グネーシン音楽学校の教授を歴任した。1988年にペレストロイカ期のソ連を離れて1989年にアメリカに移住[1]し、イーストマン音楽院の教授を務める。2009年には、東京芸術大学客員教授の職も務めた。

ウクライナ国家芸術アカデミー会員。リヴィウ音楽アカデミー名誉教授。なお、クリサの名を冠したオレグ・クリサ国際ヴァイオリン・コンクールが設立され、その第一回が、2013年にリヴィウで開かれている。また、チャイコフスキー国際コンクール他、多くのコンクールの審査員を務めている。

なお、クリサは、ソ連時代の音楽の紹介に努め、アルフレート・シュニトケシルヴェストロフアルチョーモフらの初演を行っている。また、録音活動も活発で、これまでにリリースしたCDは50枚を超える[2]

コンクール受賞歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  • Schnittke: Works for Violin and Cello (BIS, 2004)
  • Schnittke: Violin Sonatas Nos.3 & 4. (BIS, 2004)
  • Prelude in Memoriam Shostakovich (BIS, 2004)
  • Ravel/Martinu/Honegger/Schulhoff (BIS, 1998)
  • Bloch: Concerto For Violin And Orchestra/Poems Of The Sea/Suite Symphonique (BIS, 1995)
  • The Leontovych String Quartet • Shostakovitch/Tchajkovsky (Greystone Records, ASIN: B000FEU70Y)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ オレグ・クリサ”. 2017年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月28日閲覧。
  2. ^ オレグ・クリサ氏迎え、無料アフタヌーンコンサート”. 2017年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月28日閲覧。
  3. ^ Oleg Krysa”. 2017年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月28日閲覧。