オリエンチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリエンチン
識別情報
CAS登録番号 28608-75-5 チェック
PubChem 5281675
ChemSpider 4444994 ×
ChEBI
ChEMBL CHEMBL239559 ×
特性
化学式 C21H20O11
モル質量 448.38 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オリエンチン(Orientin)は、フラボノイド様化合物のフラボンの一種である。ルテオリンの8-Cグルコシドである。

天然の存在[編集]

ヨウシュフクジュソウAnadenanthera colubrinaヨポクロチクの葉等に含まれる[1]

食物中では、トケイソウ属[2]アサイーソバの芽[3]キビ[4]等に見られることが報告されている。

同定[編集]

オリエンチンの同定は広く報告されており、質量分析を用いた同定法は確立されている[5]

関連項目[編集]

イソオリエンチン(またはホモオリエンチン)は、ルテオリン-8-Cグルコシドである。

出典[編集]

  1. ^ Isolation and purification of four flavone C-glycosides from antioxidant of bamboo leaves by macroporous resin column chromatography and preparative high-performance liquid chromatography. Yu Zhang, Jingjing Jiao, Chengmei Liu, Xiaoqin Wu and Ying Zhang, Food Chemistry, 1 April 2008,, Volume 107, Issue 3, Pages 1326-1336, doi:10.1016/j.foodchem.2007.09.037
  2. ^ Separation by capillary electrophoresis of C-glycosylflavonoids in Passiflora sp. extracts. E. R. Pastene, G. Bocaz, I. Peric, M. Montes, V. Silva and E. Riffo, Bol. Soc. Chil. Quim., v.45 n.3 Concepcion set. 2000, doi:10.4067/S0366-16442000000300017
  3. ^ Comparison of phenolic compositions between common and tartary buckwheat (Fagopyrum) sprouts, Sun-Ju Kim, I.S.M. Zaidul, Tatsuro Suzuki, Yuji Mukasa, Naoto Hashimoto, Sigenobu Takigawa, Takahiro Noda, Chie Matsuura-Endo, Hiroaki Yamauchi, in Food Chemistry, 2008, 110, pages 814-820, doi:10.1016/j.foodchem.2008.02.050
  4. ^ Sorghum and millet phenols and antioxydants, Linda Dykes, Lloyd W. Rooney, in Journal of Cereal Science, 2006, 44, pages 236-251, doi:10.1016/j.jcs.2006.06.007
  5. ^ Welch, C., Zhen, J., Bassene, E., Raskin, I., Simon, J.E. and Wu, Q., 2017. Bioactive polyphenols in kinkeliba tea (Combretum micranthum) and their glucose-lowering activities. Journal of Food and Drug Analysis. doi:10.1016/j.jfda.2017.05.009

外部リンク[編集]