オムビタスビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ombitasvir
Ombitasvir.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Viekira Pak (with ombitasvir, paritaprevir, ritonavir and dasabuvir), Technivie (with ombitasvir, paritaprevir, and ritonavir)
法的規制
投与方法 Oral
薬物動態データ
生物学的利用能 not determined
血漿タンパク結合 ~99.9%
代謝 amide hydrolysis followed by oxidation
作用発現 ~4 to 5 hours
半減期 21 to 25 hours
排泄 mostly with feces (90.2%)
識別
CAS番号
1258226-87-7
PubChem CID: 54767916
ChemSpider 31136214
KEGG D10576  チェック
ChEBI CHEBI:85183en:Template:ebicite
別名 ABT-267
化学的データ
化学式 C50H67N7O8
分子量 894.11 g/mol
テンプレートを表示

オムビタスビル(Ombitasvir、開発コードABT-267)はC型肝炎の治療に用いられる抗ウイルス薬の一つである。ジェノタイプ1のウイルスに対するパリタプレビルおよびリトナビルとの3剤配合錠およびダサブビル錠のセット英語版[1]が米国で承認[2]されているほか、日本でも2015年9月に承認された[3]。米国では3剤配合錠はジェノタイプ4のC型肝炎ウイルスに対しても使用される[4][5]

C型肝炎ウイルスのNS5A複製複合体英語版を阻害する[6]

出典[編集]

  1. ^ VIEKIRA PAK™ (ombitasvir, paritaprevir and ritonavir tablets; dasabuvir tablets), for Oral Use. Full Prescribing Information”. AbbVie Inc., North Chicago, IL 60064. 2015年7月30日閲覧。
  2. ^ FDA approves Viekira Pak to treat hepatitis C”. Food and Drug Administration (2014年12月19日). 2015年9月2日閲覧。
  3. ^ 厚労省 「ヴィキラックス」「スピオルト」などを承認”. 医薬経済社 (2015年9月29日). 2015年9月29日閲覧。
  4. ^ TECHNIVIE™ (ombitasvir, paritaprevir and ritonavir) Tablets, for Oral Use. Full Prescribing Information”. AbbVie Inc., North Chicago, IL 60064. 2015年7月28日閲覧。
  5. ^ FDA approves Technivie for treatment of chronic hepatitis C genotype 4”. Food and Drug Administration (2015年7月24日). 2015年9月2日閲覧。
  6. ^ Jordan J. Feld, Kris V. Kowdley, Eoin Coakley, Samuel Sigal, David R. Nelson, Darrell Crawford, Ola Weiland, Humberto Aguilar, Junyuan Xiong, Tami Pilot-Matias, Barbara DaSilva-Tillmann, Lois Larsen, Thomas Podsadecki, and Barry Bernstein (2014). “Treatment of HCV with ABT-450/r–Ombitasvir and Dasabuvir with Ribavirin”. N Engl J Med 370: 1594–1603. doi:10.1056/NEJMoa1315722.