オマタかおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オマタかおる』は、週刊ヤングマガジンに連載されていた鈴木由美子原作の漫画、および漫画原作のテレビ朝日系列で1997年7月5日から8月16日ウイークエンドドラマ枠で放送されたテレビドラマである。

あらすじ[編集]

いつも不幸に悩まされる主人公・世良香。そんな彼女にも小俣五郎という恋人がいる。しかし彼と結婚すると姓名が「小俣香(おまた・かおる)」となってしまう。その事が彼女にとって最大の不幸であり、最大の悩みなのだ・・・。

登場人物[編集]

世良 香(せら かおる)
主人公。ネガティブな方向に思い込みの激しい性格で、何かあるたびに悪い方向に曲解して大声で嘆き悲しむ。平凡な家庭で優しい両親のもとで育ち、自身も八頭身でスタイル抜群の美女と恵まれているのだが、本人の気分的には常に不幸のどん底である。五郎との結婚も、名前が「お股香る」(女性器が臭い)になると嘆いている。
小俣 五郎(おまた ごろう)
香の婚約者。平々凡々としたサラリーマン。五つ子の五男。自らを不幸に思い、やたら縁起を担ぐ世良家の面々にぶんぶん振り回される。
世良 千代(せら ちよ)
香の母。名前が「フェラチオ」に聞こえると、世良家に嫁いだことを後悔している。
香の父
香の父で、千代の夫。やたらと縁起を担ぐ。香と五郎との結婚には反対している。

テレビドラマ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 『100メガトンの罪と嘘』(VANITY

サブタイトル[編集]

  • レベル1の不幸「オマタかおるな不幸」
  • レベル2の不幸「フィンガー5な不幸」
  • レベル3の不幸「バージンな不幸」
  • レベル4の不幸「イケてる彼氏な不幸」
  • レベル5の不幸「サザエっちな不幸」
  • レベル6の不幸「危険な情事な不幸」→リセット