オハイオ州選出のアメリカ合衆国上院議員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オハイオ州は、第1部及び第3部の上院議員を各1名選出してきた。 現在の上院議員は、シェロッド・ブラウンロブ・ポートマンである。

上院議員一覧[編集]

第1部

第1部は西暦年を6で除算したときの剰余が1と等しい年が任期末である。最近では2000年, 2006年,2012年に改選されている。次の選挙は2018年を予定している。


第3部

第3部の上院議員は西暦年を6で除算したときの剰余が5と等しい年が任期末である。最近では2004年,2010年,2016年に改選されている。次の選挙は2022年を予定している。

# 氏名 所属政党 在職期間 選挙歴

選挙歴 在職期間 所属政党 氏名 #
1 No image.svg
ジョン・スミス
民主
共和党
1803年4月1日 –
1808年4月25日
1803年選出

辞職
1 第8
議会
1 1803年選出

引退
1803年4月1日 –
1807年3月3日
民主
共和党
Thomas Worthington.gif
トーマス・ワージントン
1
第9
議会


第10
議会
2 1806年選出

辞職
1807年3月4日 –
1809年3月3日
民主
共和党
Portrait of Senator Edward Tiffin of Ohio.jpg
エドワード・ティフィン
2
空席 1808年4月25日 –
1808年12月12日
 
2 Return J. Meigs, Jr.jpg
リターン・ジョナサン・メグス
民主
共和党
1808年12月12日 –
1810年12月8日
スミスの任期を満了するため選出
1809年再選

オハイオ州知事就任のため辞職
2 第11
議会
  1809年3月4日 –
1809年3月18日
空席
ティフィンの任期を満了するため任命

後継選出時に引退
1809年5月18日 –
1809年12月11日
民主
共和党
No image.svg
スタンリー・グリズウォルド
3
空席 1810年12月8日 –
1810年12月15日
 
ティフィンの任期を満了するため選出

引退
1809年12月11日 –
1813年3月3日
民主
共和党
ACampbell.jpg
アレクサンダー・キャンベル
4
3 Thomas Worthington.gif
トーマス・ワージントン
民主
共和党
1810年12月15日 –
1814年12月1日
メグスの任期を満了するため選出

オハイオ州知事就任のため辞職
第12
議会
第13
議会
3 1813年選出

引退
1813年3月4日 –
1819年3月3日
民主
共和党
Jeremiah Morrow.jpg
ジェレマイア・モロー
5
空席 1814年12月1日 –
1814年12月10日
 
4 No image.svg
ジョーゼフ・カー
民主
共和党
1814年12月10日 –
1815年3月3日
ワージントンの任期を満了するため選出

引退
5 BRuggles.jpg
ベンジャミン・ラグルズ
民主
共和党
1815年3月4日 –
1833年3月3日
1815年選出 3 第14
議会
第15
議会
第16
議会
4 1819年選出

死去
1819年3月4日 –
1821年12月13日
民主
共和党
Sen William Trimble.jpg
ウィリアム・A・トリンブル
6
1821年再選 4 第17
議会
  1821年12月13日 –
1822年1月3日
空席
トリンブルの任期を満了するため選出

再選に失敗
1822年1月3日 –
1825年3月3日
民主
共和党
Ethan Allen Brown at statehouse.jpg
イーサン・ブラウン
7
クロウフォード
共和党
第18
議会
アダムス・クレイ
共和党

ジャクソン党
第19
議会
5 1824年選出

駐コロンビア公使就任のため辞職
1825年3月4日 –
1828年5月20日

ジャクソン党
William Henry Harrison by James Reid Lambdin, 1835-crop.jpg
ウィリアム・ハリソン
8
アダムス党 1827年再選

引退
5 第20
議会
アダムス党
  1828年5月20日 –
1828年12月10日
空席
ハリソンの任期を満了するため選出

引退
1828年12月10日 –
1831年3月3日
アダムス党 JacobBurnet cropped.jpg
ジェイコブ・バーネット
9

ジャクソン党
第21
議会

ジャクソン党
第22
議会
6 1830年選出

再選に失敗
1831年3月4日 –
1837年3月3日

ジャクソン党
ThomasEwingSr.jpg
トマス・ユーイング
10
6 TMorris.jpg
トマス・モリス
ジャクソン党 1833年3月4日 –
1839年3月3日
1833年選出

引退
6 第23
議会
第24
議会
民主党 第25
議会
7 1837年選出 1837年3月4日 –
1849年3月3日
民主党 William Allen, Senator from Ohio.tif
ウィリアム・アレン
11
7 Benjamin Tappan.jpg
ベンジャミン・タッパン
民主党 1839年3月4日 –
1845年3月3日
1838年選出

引退
7 第26
議会
第27
議会
第28
議会
8 1842年再選

再選に失敗
8 TCorwin.jpg
トマス・コーウィン
ホイッグ党 1845年3月4日 –
1850年7月20日
1844年12月5日選出[1]

財務長官就任のため辞職
8 第29
議会
第30
議会
第31
議会
9 1849年選出

引退
1849年3月4日 –
1855年3月3日
自由土地党 Mathew Brady, Portrait of Secretary of the Treasury Salmon P. Chase, officer of the United States government (1860–1865, full version).jpg
サーモン・チェイス
12
9 ThomasEwingSr.jpg
トマス・ユーイング
ホイッグ党 1850年7月20日 –
1851年3月3日
コーインの任期を満了するため任命

再選に失敗
空席 1851年3月4日 –
1851年3月15日
  9 第32
議会
10 Benjamin F Wade - Brady-Handy (cropped).jpg
ベンジャミン・ウェイド
ホイッグ党 1851年3月15日 –
1869年3月3日
1851年3月15日選出[2]
第33
議会
共和党 第34
議会
10 1854年選出[3]

再選に失敗
1855年3月4日 –
1861年3月3日
民主党 George Pugh.jpg
ジョージ・E・ピュー
13
1856年再選 10 第35
議会
第36
議会
第37
議会
11 1860年選出

財務長官就任のため辞職
1861年3月4日 –
1861年3月6日
共和党 Mathew Brady, Portrait of Secretary of the Treasury Salmon P. Chase, officer of the United States government (1860–1865, full version).jpg
サーモン・チェイス
14
  1861年3月6日 –
1861年3月21日
空席
チェイスの任期を満了するため選出 1861年3月21日 –
1877年3月8日
共和党 John-Sherman-2.jpg
ジョン・シャーマン
15
1863年再選

再指名に失敗
11 第38
議会
第39
議会
第40
議会
12 1866年再選
11 Allen G. Thurman - Brady-Handy.jpg
アレン・G・サーマン
民主党 1869年3月4日 –
1881年3月3日
1868年選出 12 第41
議会
第42
議会
第43
議会
13 1872年再選

財務長官就任のため辞職
1874年再選

再選に失敗
13 第44
議会
第45
議会
  1877年3月8日 –
1877年3月21日
空席
シャーマンの任期を満了するため選出

引退
1877年3月21日 –
1879年3月3日
共和党 Thomas Stanley Matthews - Brady-Handy.jpg
スタンリー・マシューズ
16
第46
議会
14 選出年不明

再指名に失敗
1879年3月4日 –
1885年3月3日
民主党 GHPendleton.jpg
ジョージ・H・ペンドルトン
17
12 John-Sherman-2.jpg
ジョン・シャーマン
共和党 1881年3月4日 –
1897年3月3日
1881年選出 14 第47
議会
第48
議会
第49
議会
15 1884年1月15日選出.[4][5]

引退
1885年3月4日 –
1891年3月3日
民主党 Henry B. Payne - Brady-Handy.jpg
ヘンリー・B・ペイン
18
1886年再選 15 第50
議会
第51
議会
第52
議会
16 1890年選出

再選に失敗[6]
1891年3月4日 –
1897年3月3日
民主党 Calvin Stewart Brice.jpg
カルヴァン・S・ブライス
19
1892年再選

辞職
16 第53
議会
第54
議会
第55
議会
17 1896年選出 1897年3月4日 –
1909年3月3日
共和党 Joseph Benson Foraker.jpg
ジョゼフ・B・フォラカー
20
13 MAHanna.jpg
マーカス・A・ハンナ
共和党 1897年3月5日 –
1904年2月15日
シャーマンの任期を引き継ぐため任命

1898年1月12日シャーマンの任期を満了するため選出[7]
1898年1月12日次の任期に選出

死去
17 第56
議会
第57
議会
第58
議会
18 1902年1月15日再選[8]

引退[9]
空席 1904年2月15日 –
1904年3月23日
 
14 Senator Charles Dick of Ohio, 1858-1945 (cropped).jpg
チャールズ・W・F・ディック
共和党 1904年3月23日 –
1911年3月3日
1904年3月2日ハンナの任期を引き継ぐため任命
1904年3月2日次の任期に選出

再選に失敗
18 第59
議会
第60
議会
第61
議会
19 1909年1月12日選出[9]

引退
1909年3月4日 –
1915年3月3日
共和党 Theodore Elijah Burton.jpg
セオドア・E・バートン
21
15 AtleePomereneBainPhotoportrait.jpg
アトリー・ポメリーン
民主党 1911年3月4日 –
1923年3月3日
1911年1月10日選出 19 第62
議会
第63
議会
第64
議会
20 1914年選出

大統領選出馬のため引退

大統領就任のため辞職
1915年3月4日 –
1921年1月13日
共和党 Warren G Harding portrait as senator June 1920.jpg
ウォレン・ハーディング
22
1916年再選

再選
20 第65
議会
第66
議会
ハーディングの任期を引き継ぐため任命。任命時、次の任期に選出済。 1921年1月14日 –
1928年3月30日
共和党 Frank Bartlett Willis.jpg
フランク・バートレット・ウィリス
23
第67
議会
21 1920年選出
16 Simeon D. Fess 1918 crop of head.jpg
シミオン・D・フェス
民主党 1923年3月4日 –
1935年1月3日
1922年選出 21 第68
議会
第69
議会
第70
議会
22 1926年再選

死去
  1928年3月30日 –
1928年4月5日
空席
ウィリスの任期を引き継ぐため任命

補欠選挙で再指名に失敗
1928年4月5日 –
1928年12月14日
民主党 Cyrus Locher.jpg
サイラス・ロッチャー
24
ウィリスの任期を満了するため選出

死去
1928年12月15日 –
1929年10月28日
共和党 Theodore E. Burton May 9 1929 crop.jpg
セオドア・E・バートン
25
1928年再選

再選に失敗
22 第71
議会
  1929年10月28日 –
1929年11月5日
空席
バートンの任期を引き継ぐため任命

補欠選挙で敗北
1929年11月5日 –
1930年11月30日
共和党 Roscoe Conkling McCulloch.jpg
ロスコウ・C・マカロック
26
1930年11月4日バートンの任期を満了するため選出 1930年12月1日 –
1939年1月3日
民主党 100px
ロバート・J・バークリー
27
第72
議会
第73
議会
23 1932年再選

再選に失敗
17 Alvin Victor Donahey.jpg
A・ヴィクター・ダナヒー
民主党 1935年1月3日 –
1941年1月3日
1934年選出

引退
23 第74
議会
第75
議会
第76
議会
24 1938年選出 1939年1月3日 –
1953年7月31日
共和党 Robert a taft.jpg
ロバート・タフト
28
18 Harold Burton.jpg
ハロルド・H・バートン
共和党 1941年1月3日 –
1945年9月30日
1940年選出

合衆国最高裁判所判事に任命され辞職
24 第77
議会
第78
議会
第79
議会
25 1944年再選
空席 1945年9月30日 –
1945年10月8日
 
19 James Huffman.jpg
ジェイムズ・W・ハフマン
民主党 1945年10月8日 –
1946年11月5日
バートンの任期を引き継ぐため任命

後継選出時に引退
20 KingsleyarterTaft.jpg
キングズリー・A・タフト
共和党 1946年11月5日 –
1947年1月3日
バートンの任期を満了するため選出

引退
21 John William Bricker (Gov., Sen. OH).jpg
ジョン・W・ブリッカー
共和党 1947年1月3日 –
1959年1月3日
1946年選出 25 第80
議会
第81
議会
第82
議会
26 1950年再選

死去
1952年再選

再選に失敗
26 第83
議会
  1953年7月31日 –
1953年11月10日
空席
タフトの任期を引き継ぐため任命

補欠選挙で敗北
1953年11月10日 –
1954年12月2日
民主党 ThomasBurke.jpg
トマス・A・バーク
29
  1954年12月2日 –
1954年12月16日
空席
タフトの任期を満了するため選出

再選に失敗
1954年12月16日 –
1957年1月3日
共和党 George Bender.jpg
ジョージ・H・ベンダー
30
第84
議会
第85
議会
27 1956年選出 1957年1月3日 –
1969年1月3日
民主党 L000122.jpg
フランク・J・ローシュ
31
22 StephenMYoung.jpg
スティーヴン・M・ヤング
民主党 1959年1月3日 –
1971年1月3日
1958年選出 27 第86
議会
第87
議会
第88
議会
28 1962年再選

再指名に失敗
1964年再選

引退
28 第89
議会
第90
議会
第91
議会
29 1968年選出

司法長官就任のため辞職
1969年1月3日 –
1974年1月3日
共和党 WilliamBartSaxbe2.jpg
ウィリアム・B・サクスビー
32
23 RobertTaftJr.jpg
ロバート・タフト・ジュニア
共和党 1971年1月3日 –
1976年12月28日
1970年選出

再選に失敗後、辞職
29 第92
議会
第93
議会
サクスビーの任期を満了するため任命

再指名に失敗後、辞職
1974年1月4日 –
1974年12月23日
民主党 Howard Metzenbaum.jpg
ハワード・メッツェンバウム
33
メッツェンバウムの任期を満了するため任命。任命時、次の任期に選出済。 1974年12月24日 –
1999年1月3日
民主党 Glenn.gif
ジョン・ハーシェル・グレン
34
第94
議会
30 1974年選出
24 Howard Metzenbaum.jpg
ハワード・メッツェンバウム
民主党 1976年12月29日 –
1995年1月3日
タフトの任期を満了するため任命。任命時、次の任期にも選出済。
1976年選出 30 第95
議会
第96
議会
第97
議会
31 1980年再選
1982年再選 31 第98
議会
第99
議会
第100
議会
32 1986年再選
1988年再選

引退
32 第101
議会
第102
議会
第103
議会
33 1992年再選

引退
25 Mike DeWine official photo.jpg
マイク・デウィン
共和党 1995年1月3日 –
2007年1月3日
1994年選出 33 第104
議会
第105
議会
第106
議会
34 1998年選出 1999年1月3日 –
2011年1月3日
共和党 George Voinovich, official photo portrait, 2006.jpg
ジョージ・ヴォイノヴィッチ
35
2000年再選

再選に失敗
34 第107
議会
第108
議会
第109
議会
35 2004年再選

引退
26 Sherrod Brown, official Senate photo portrait, 2007.jpg
シェロッド・ブラウン
民主党 2007年1月3日 –
現職
2006年選出 35 第110
議会
第111
議会
第112
議会
36 2010年選出 2011年1月3日 –
現職
共和党 Rob Portman, official portrait, 112th Congress.jpg
ロブ・ポートマン
36
2012年再選 36 第113
議会
第114
議会
第115
議会
37 2016年再選
2018年改選予定 37 第116
議会
第117
議会
第118
議会
38 2022年改選予定
# 氏名 所属政党 在職期間 選挙歴
 
選挙歴 在職期間 所属政党 氏名 #
第1部 第3部

[編集]

  1. ^ Taylor & Taylor, p. 215, vol. I.
  2. ^ Taylor & Taylor, p. 240.
  3. ^ Taylor & Taylor, p. 30, vol II.
  4. ^ Burke, p. 28.
  5. ^ Taylor & Taylor, p. 94.
  6. ^ Foraker will succeed Brice: Ohio's Republican Legislators Vote Solidly for the Ex-Governor (PDF)”. The New York Times (1896年1月14日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ Byrd, p. 153.
  8. ^ “SENATOR FORAKER CHOSEN”. The New York Times: p. 3. (1902年1月15日). http://nyti.ms/2h6nZO9 
  9. ^ a b Walters, Everett (1948). Joseph Benson Foraker: An Uncompromising Republican. Columbus, Ohio: The Ohio History Press. pp. 283–284. 

関連項目[編集]