オオズクワガタ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オオズクワガタ属
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 甲虫目 Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: クワガタムシ科 Lucanidae
: オオズクワガタ属 Macrocrates
学名
Macrocrates
Burmeister1847

本文参照

オオズクワガタ属(おおずくわがたぞく、Macrocrates)は、昆虫綱甲虫目クワガタムシ科に属する分類群。

特徴[編集]

南米ブラジルの南方に生息するクワガタムシ類で、体全体の内でも頭部が大きく発達する、蟻を大きく化かしたような姿身の3cmほどの小型のクワガタ。現在までに4種が知られる。稀少なクワガタムシであるため、研究はあまり進んでいない。 触角が長いことや、頭楯の形などからアフリカメンガタクワガタ属に似ていると云われることもある。

生態[編集]

一般的なクワガタムシ類とは異なり、昼間に湿地帯の草原で高さ1mを飛んでいる姿が観察されている[1]。 2月から3月の短い期間に、活動が観察されている。

種類[編集]

ブケファルスオオズクワガタ - Macrocrates bucephalus
オオズクワガタ属の基準種。オスの大アゴは直線的に伸びる。メスは4種ともに判別はとても難しい。色の変化が少ないメラニック型と、上翅が黄白色のイエロー型の存在が確認されている。パラナ州と、サンタカタリナ州南部に分布する。
アウストラリスオオズクワガタ - Macrocrates australis
オオズクワガタの仲間では最も有名な種で、大アゴは基部の特徴的な内突起付近で下方に湾曲し、頭部の頭楯にヘコみ、胸に括れがあるので判別は容易である。サンタカタリナ州とパラナ州の境界付近で、沿岸部に近い場所に分布している。
インヴェニレウスオオズクワガタ - Macrocrates invenireus
大アゴの先端から1/3の位置に特徴的な一対の突起を備える。リオグランデドスル州に分布するとされる。
ギャラントルムオオズクワガタ - Macrocrates galantorum
アウストラリスオオズクワガタに似るが、大アゴは扁平で、先端から2/3の位置に特徴的な一対の突起を備え、鋸刃状になっている。ベルギー王立自然史博物館に所蔵されていた約100年前のオオズクワガタの標本群を元に種を認められた。種記載の3年後にあたる2015年に再発見され、また、本種にもブケファルスオオズクワガタと同様に色の変化が少ないメラニック型と、上翅が黄白色のイエロー型の存在が確認されている。サンタカタリナ州南部でブケファルスオオズクワガタと混生する。

脚注[編集]

  1. ^ http://museum.unl.edu/research/entomology/Guide/Scarabaeoidea/Lucanidae/LUC/MAC/australis.html

参考文献[編集]

  • FUJII, T., 2012. Two New Species of the Genus Macrocrates (Coleoptera, Lucanidae) from South Brazil. Elytra, Tokyo, New Series, 2 (2): 243-255.
  • FUJII, T., and GROSSI, C., P., 2015.Notes on the Genus Macrocrates (Coleoptera, Lucanidae). Elytra, Tokyo, New Series, 5 (1): 57-61.
  • FUJII, T., and KOIKE, M., R., 2015.Additional Records of Macrocrates galantorum Fujii(Coleopter Lucanidae, Lucaninae) from Urubici, Santa Catarina, Brazil. Elytra, Tokyo, New Series, 5 (2): 336–337.
  • むし社 - 『世界のクワガタムシ大図鑑(月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ (1))』ISBN9784943955016
  • むし社 - 『世界のクワガタムシ大図鑑(月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ (6))』ISBN9784943955061
  • LUEDERWALDT, H., 1935. Monographia dos Lucanideos brasileiros. Revista do Museu Paulista, Universidade de Sao Paulo (Brasil), 19: 447-574
  • LUEDERWALDT, H., 1934. Novos Lucanideos brasileiros (Col. Lamellic.). Rev. ent., Rio de Janeiro,4(3): 388-390.
  • BENESH, B., 1955. On the genus Macrocrates, with notes on other stagbeetles (Coleoptera:Lucanidae). Ent. News Lancaster, Philadelphia, 66: 57-60.
  • BENESH, B., 1960. Lucanidae. Second Edition. Coleopterorum Catalogus, Supplementa, Paris, 8: 1-178.Ed. W. Junk. Gravenhage.
  • HOPE, F. W., & J. O. WESTWOOD, 1845. A Catalogue of the Lucanoid Coleoptera in the Collection of the Rev. Hope, etc., together with Descriptions of the New Species Therein Contained. 31 pp. Ed. BRIDGEWATER. London.
  • Krajcik M., 2001. Lucanidae of the world. Catalogue. Part 1. Checklist of the Stag Beetles of the World (Coleoptera: Lucanidae). Krajcik M. Ed.,
  • WEINREICH, E., 1963. Revision südamerikanischer Lucanidae (Ins. Col.). III. Die gattungen Pholidotus, Aegognathus, Macrocrates, Auxicerus und Ergänzungen zu Metadorcus, Scortizus,Beneshius und Sclerostomus. Senckenb. Biolog., 44(3): 183-212.