エーゲ海諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーゲ海諸島。内部区分を示す。

エーゲ海諸島(エーゲかいしょとう、ギリシア語: Νησιά Αιγαίου / Nisiá Aigaíou ; トルコ語: Ege Adaları)あるいはエーゲ諸島は、エーゲ海に所在する島々の総称。大部分がギリシャ共和国に、ごく一部がトルコ共和国に属する。

ギリシャ共和国において、かつて行政区分としても使われた「地理的な地方」のひとつでもある。

地理[編集]

地理的なエーゲ海諸島とは、西と北をギリシャ本土、東をトルコ本土(アナトリア半島)に挟まれ、南はクレタ島、南東はロドス島カルパトス島カソス島英語版を限界とする島々である。

エーゲ海諸島は、伝統的に以下の7つのグループに分けられてきた(右図参照)。北から順に以下の通り。

行政的に「ドデカネス諸島」に含まれるロドス島東方のカステロリゾ島は、地理的には東地中海に属する島である。また、クレタ島とペロポネソス半島の間にあるキティラ島アンティキティラ島は、歴史的な経緯からエーゲ海諸島ではなくイオニア諸島の一部と見なされる(行政上はアッティカ地方に属する)。

かつてエーゲ海を指して用いられていた ἀρχιπέλαγος は、アーキペラゴ(英語: Archipelago)という形で、群島列島を指す一般名詞として使われている。

行政[編集]

ギリシャ領[編集]

エーゲ海の島々のほとんどはギリシャ領である。

地理的な地方」としての「エーゲ海諸島地方」は、1987年まで行政区として用いられた区画である。ギリシャ領の島々のうち、北部のタソス島やサモトラキ島、スポラデス諸島、エヴィア島、サロニカ諸島、クレタ島、本土沿岸の小島嶼を除く地域である。

1987年以降、ギリシャの行政区画にはペリフェリア(地方)が用いられており、エーゲ海の島々は9つのペリフェリア(3ペリフェリアは島嶼のみからなる)に属している。従来の「エーゲ海諸島地方」は、北エーゲ南エーゲに分割された。

地理的地方区分。薄緑色が「エーゲ海諸島」 
ペリフェリア(地方) 

トルコ領[編集]

トルコ領にあるまとまった大きさの島は、東北端のダーダネルス海峡付近にあるボズジャ島英語版(テネドス島)、ギョクチェアダ島(イムヴロス島)に限られる。このほかトルコ西海岸のごく小さな島や岩礁がある。

その他の用法[編集]

イタリア領エーゲ海諸島英語版イタリア語: Isole Italiane dell-’Egeo)は、伊土戦争(1911年 - 1912年)の結果イタリア王国が占領したドデカネス諸島を指す。