エンタープライズサーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンタープライズサーチEnterprise Searchエンタープライズ検索企業内検索)は、内外のウェブサイトも含め、企業内、社内、部署内の書類、人事、経営情報等を統合し、検索できるようにするためのシステム、またはそのコンセプトのことである。エンタープライズサーチエンジン企業向け検索エンジンと呼ばれることもある。Gartnerでは、エンタープライズサーチを、情報アクセス技術(Information access technology)という一般的な呼称で呼んでいる。インデックスを活用したデータベース(Index-based data management)として分類されることもあり[1]、高速なデータアクセス手段の一つでもある。

概略[編集]

企業が蓄積しているサーバを巡回、その後どのファイルがどこにあるかなどの整理を行って記録し、そこから一つ一つを検索できるようにしたシステム。検索エンジンと同じく様々なデータを検索できるようになるため、利用する人のファイル使用効率化を図る一助となっている。

システムの完成後、企業内でどの社員がどのファイルにアクセスしてよいのか、という規制が必要になったことから、アクセス制限の技術も進化してきている。システムは2000年ごろから徐々に登場、2005年に製品の利用が増加、現在では、様々な乱立するシステムや増大する構造化データ非構造化データを仲介、自動処理するハブとして、企業内の情報アクセス基盤(Information access infrastructure)や情報アクセス技術(Information access technology)の役割が強くなっており、2008年[2]マイクロソフトファストサーチ & トランスファ買収に始まり、優良な独立企業のIT企業最大手による買収が軒並み続いている。

また、Big Dataビッグデータ)が取り沙汰されるようになり、大量データの処理が必要となるニーズは様々だが、検索はその最も複雑なニーズの一つである。

代表的な企業[編集]

エンタープライズサーチの応用[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]