QuickSolution

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

QuickSolutionは、N-Gram形態素の技術要素を持つ商用全文検索エンジン。

2016年~2018年にかけて、3年連続でシェアNo.1[1]を獲得するなど、エンタープライズサーチ市場における主要製品である。

あいまい検索(類似検索)、完全一致検索(キーワード検索)、属性検索の3つを組合せた検索が可能。

歴史[編集]

2000年 産学官連携による共同研究[2]で開発された。コア・アルゴリズムは「未踏テキスト情報中のキーワードの自動抽出システム」というテーマのもと豊橋技術科学大学(TUT)梅村研究室が開発し、その成果のJava化、評価、製品への取り込みを住友電工住友電工情報システムが行った。その際、従来はサフィックス・アレイという方式だったが、転置ファイルという形式に独自のアレンジを加えて試したところ、検索速度が約100倍に向上した。

2001年 販売開始

2015年 検索エンジンのアルゴリズムを一新したVer.10をリリース[3]

2020年 Ver.11.3をリリース[4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]