エレム・クリモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレム・ゲルマノヴィッチ・クリモフ
Эле́м Ге́рманович Кли́мов
生年月日 (1933-07-09) 1933年7月9日
没年月日 (2003-10-26) 2003年10月26日(70歳没)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国スターリングラード
死没地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
職業 映画監督
主な作品
炎628

エレム・ゲルマノヴィッチ・クリモフロシア語: Эле́м Ге́рманович Кли́мов, ラテン文字転写: Elem Germanovich Klimov, 1933年7月9日 - 2003年10月26日)は、ロシア映画監督全ソ国立映画大学で映画を学び、映画監督のラリーサ・シェピチコと結婚した[1]。監督をつとめた作品は、独ソ戦下、ドイツ国防軍の占領地だったベラルーシを舞台に、戦争の悲しさを強烈に描いた1985年の映画『炎628』のほか、コメディ映画、子供向け映画、歴史映画などの監督もつとめた。

フィルモグラフィ[編集]

  • 『ロマノフ王朝の最期』 - Аго́ния (1975年、監督)
  • 『別れ』 - Проща́ние (1981年、監督)
  • 炎628』 - Иди и смотри (1985年、監督)

脚注[編集]

  1. ^ Ronald Bergan (2003年11月4日). “Obituary: Elem Klimov”. The Guardian. オリジナルの2013年11月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131105012939/http://www.theguardian.com/news/2003/nov/04/guardianobituaries.russia 2014年5月10日閲覧。 

外部リンク[編集]