ラリーサ・シェピチコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリーサ・エフィモヴナ・シェピチコ
Лари́са Ефи́мовна Шепи́тько
生年月日 1938年1月6日
没年月日 1979年6月2日(満41歳没)
出生地 Flag of Ukrainian SSR.svg ウクライナ・ソビエト社会主義共和国アルテーミウシク
死没地 Flag of Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国カリーニン州
職業 映画監督脚本家
主な作品
『処刑の丘』

ラリーサ・エフィモヴナ・シェピチコロシア語: Лари́са Ефи́мовна Шепи́тько, 1938年1月6日 - 1979年6月2日)は、ソビエト連邦映画監督脚本家

全ソ国立映画大学で映画を学び、大学ではオレクサンドル・ドヴジェンコに付いて、ドヴジェンコが亡くなる1956年までの18か月間師事した。1977年、自身が監督をつとめた戦争ドラマ映画『処刑の丘』が、第27回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞する[1]。 それから間もない1979年、ヴァレンチン・ラスプーチンの小説『マチョーラとの別れ』を映画化するロケハンのため訪れていたカリーニン州で、自動車事故により死去。同作はその後、夫であり映画監督であるエレム・クリモフが映画『別れ』として完成させた。

フィルモグラフィ[編集]

  • 『処刑の丘』 - Восхождение (1976年、監督・脚本、金熊賞受賞)
  • 『別れ』 - Проща́ние (1981年、脚本)

脚注[編集]

  1. ^ 1977 : Prize Winners, Internationale Filmfestspiele Berlin, オリジナルの2014-05-02時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20140502012843/http://www.berlinale.de/en/archiv/jahresarchive/1977/03_preistr_ger_1977/03_Preistraeger_1977.html 2014年6月29日閲覧。 

外部リンク[編集]