エルビラ・リンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エルビラ・リンド(2007年、アンダルシア国際大学にて

エルビラ・リンドElvira Lindo, 1962年1月23日 - )は、スペインの小説家、ジャーナリスト、脚本家。

略歴[編集]

作品[編集]

マノリート・シリーズ(Manolito Gafotas)
  • 1994 - Manolito Gafotas 『めがねっこマノリート』(小学館、2005年)
  • 1995 - Pobre Manolito 『あわれなマノリート』(小学館、2006年)
  • 1996 - ¡Cómo molo!: (otra de Manolito Gafotas) 『ぼくってサイコー!?』(小学館、2007年)
  • 1997 - Los trapos sucios de Manolito Gafotas
  • 1998 - Manolito on the road
  • 1999 - Yo y el imbécil
  • 2001 - Manolito tiene un secreto
  • 2012 - Mejor Manolo
脚本
  • 1998 - Manolito Gafotas
  • 2008 - Una palabra tuya
  • 2010 - Lo que me queda por vivir.
  • 2014 - La vida inesperada.
エッセー
  • 2001 - Tinto de verano

外部リンク[編集]