エルサレムのザカリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エルサレムのザカリアスギリシア語: Ζαχαρίας Ιεροσολύμων)は6世紀から7世紀キリスト教の聖職者である。609年から632年までエルサレム総主教を務めた。エルサレム総主教になる以前は、コンスタンティノポリス修道士であった。在位中にペルシア人により拉致されたことで知られる。

彼の在位の初期は東ローマ帝国皇帝位を簒奪したフォカスの治世にあたる。エルサレムでもこの時期、党派間の対立から治安が悪化し、ザカリアスは困難な時期に教会を指導した。帝国と教会の関係も悪化し、このことが彼の教会運営をさらに困難にした。

在位中の628年ペルシア人がエルサレムに侵攻したとき捕縛され、聖墳墓教会聖遺物であった十字架とともに連れ去られ、631年に帰還した。エルサレムの陥落と彼の捕囚について、同時代の年代記者スタギオラスは、キリスト教の神の無力ではなく、エルサレムの住民に対する怒りの表明であるとし、これをバビロン捕囚に譬えている。

外部リンク[編集]