エリーザベト・フォン・トゥルン・ウント・タクシス (1860-1881)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリーザベト
Elisabeth
トゥルン・ウント・タクシス家ドイツ語版
Princess Elisabeth of Thurn and Taxis.jpg
トゥルン・ウント・タクシス侯女エリーザベト
称号 ブラガンサ公妃
全名 Elisabeth Maria Maximiliana
エリーザベト・マリア・マクシミリアーナ
出生 1860年5月28日
ザクセン王国の旗 ザクセン王国ドレスデン
死去 (1881-02-07) 1881年2月7日(20歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 エーデンブルク
配偶者 ミゲル2世・デ・ブラガンサ
子女 ミゲル
フランシスコ・ジョゼ
マリア・テレザ
父親 マクシミリアン・アントン・フォン・トゥルン・ウント・タクシス
母親 ヘレーネ・イン・バイエルン
テンプレートを表示

エリーザベト・フォン・トゥルン・ウント・タクシスElisabeth von Thurn und Taxis, 1860年5月28日 - 1881年2月7日)は、ドイツの旧諸侯トゥルン・ウント・タクシス家ドイツ語版の侯女で、ポルトガル王位請求者ミゲル2世の最初の妻。

生涯[編集]

トゥルン・ウント・タクシス侯世子マクシミリアン・アントンと、その妻でバイエルン公マックス・ヨーゼフの娘であるヘレーネの間の第2子、次女として生まれた。母方の叔母はオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后エリーザベトである。

エリーザベトは1877年10月17日にレーゲンスブルクにおいて、ポルトガルの廃王ミゲル1世の長男のブラガンサ公ミゲル(2世)と結婚した。ポルトガル内戦に敗れたミゲリスタ(ミゲル派)のポルトガル王家はオーストリア皇帝家の庇護を受けていて、ミゲルもオーストリア=ハンガリー帝国軍の士官だった。エリーザベトの義理の叔父の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟カール・ルートヴィヒ大公が、ミゲルの妹マリア・テレジアと結婚しており、エリーザベトとミゲルの結婚も、オーストリア皇帝家とミゲル系ポルトガル王家を結び付けるためのものだった。

エリーザベトは1878年に第1子を出産後に体調を悪くし、1881年の第3子の出産時に20歳の若さで、エーデンブルク(現在のハンガリージェール・モション・ショプロン県ショプロン)において死去した。母親のヘレーネは娘の早世に気落ちし、一切の公的生活から引退した。

夫のミゲルは1893年になって、レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク家の侯女マリア・テレジアと再婚した。夫と後妻の間に生まれた2人の娘が、エリーザベトの弟アルベルトの2人の息子フランツ・ヨーゼフおよびカール・アウグストと結婚し、ブラガンサ家とトゥルン・ウント・タクシス家の結びつきを保った。

子女[編集]

  • ミゲル英語版(1878年 - 1923年) - ヴィゼウ公、継承権放棄
  • フランシスコ・ジョゼ英語版(1879年 - 1919年)
  • マリア・テレザ(1881年 - 1942年) - 1900年、トゥルン・ウント・タクシス侯子カール・ルートヴィヒと結婚

参考文献[編集]

  • Manuel de Mello Corrêa (Hrsg.): Anuário da Nobreza de Portugal. Instituto Português de Heráldica, Lisboa, 1985