エリヴァウド・アントニオ・サライバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァウド Football pictogram.svg
名前
本名 エリヴァウド・アントニオ・サライバ
ラテン文字 Erivaldo Antonio Saraiva
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1980年11月22日(35歳)
出身地 サンパウロ州の旗 サンパウロ州クバタン
身長 194cm
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002 ブラジルの旗サン・ヴィセンテFC
2003 ブラジルの旗SEパルメイラス
2004 ブラジルの旗ACジュベントス
2004 ブラジルの旗リオ・ブランコEC
2005 ブラジルの旗AEジャタイエンセ
2005 ブラジルの旗ECペロタス
2006 ブラジルの旗ノヴァ・イグアスFC
2006 ブラジルの旗モト・クルブ・ジ・サン・ルイス 9 (1)
2007 ブラジルの旗アトレチコ・ソロカーバ
2007 ブラジルの旗AAルジアニア
2007 チュニジアの旗CSハマム・リフ 15 (3)
2008-2009 中華人民共和国の旗杭州緑城足球倶楽部 49 (23)
2010 中華人民共和国の旗北京国安足球倶楽部 9 (0)
2010 日本の旗湘南ベルマーレ 8 (0)
2011 中華人民共和国の旗遼寧宏運足球倶楽部 30 (5)
2012 中華人民共和国の旗成都天誠足球倶楽部 27 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴァウドこと、エリヴァウド・アントニオ・サライバ(Erivaldo Antonio Saraiva 、1980年11月22日-)はブラジルサンパウロ州クバタン出身のプロサッカー選手

経歴[編集]

ブラジル時代[編集]

2002年、サン・ヴィセンテAC英語版でキャリアをスタート。翌年セリエBに降格したSEパルメイラスに移籍した。クラブはセリエA復帰を果たしたが、レギュラーを確保することは出来なかった。シーズン終了後にクラブを離れ、以降ACジュベントスリオ・ブランコECAEジャタイエンセ英語版ECペロタスノヴァ・イグアスFCモト・クルブ・ジ・サン・ルイスアトレチコ・ソロカーバAAルジアニアといった下位クラブを転々とした。

海外リーグ時代[編集]

2007年、チュニジア・リーグCSハマム・リフ英語版に移籍[1]。チームの成績には反映されなかったものの、ここでのプレーぶりが注目を集め、後の中国移籍につながった。

2008年中国サッカー・スーパーリーグ杭州緑城足球倶楽部に移籍。移籍後7試合で10ゴールを挙げるなどめざましい活躍を披露したが、クラブを上位に押し上げることは出来なかった。2009年7月にはマンチェスター・ユナイテッドFCとの親善試合に出場し、ゴールを決めている(試合は2-8で敗北)。

2010年、前年のリーグ王者である北京国安足球倶楽部に移籍[2]。4月28日開催のアジアチャンピオンズリーググループステージ・川崎フロンターレ戦で初ゴール。

6月、湘南ベルマーレに移籍[3]。シーズン終了後退団[4]

2011年5月、遼寧宏運足球倶楽部に加入[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]