エミール・プッテマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

エミール・プッテマンス
ベルギーの旗 ベルギー
陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 男子10000 m

エミール・プッテマンス(Emiel Puttemans、1947年10月8日- )は、ベルギールーヴェン出身の陸上競技選手。1968年メキシコシティーオリンピックから4大会連続オリンピック出場。1972年ミュンヘンオリンピックの銀メダリストである。

経歴[編集]

プッテマンスは、21歳で初出場したメキシコオリンピックの5000mで決勝に進出したが、最下位の12位となっている。1969年、1971年のヨーロッパ選手権でも5000mに出場しており、1969年は7位、1971年では7位だったフィンランドラッセ・ビレンを上回る6位という結果を残した。このレースの直後、プッテマンスは2マイルのレースで8分17秒8の自身最初の世界記録を樹立している。

プッテマンスは、1972年ミュンヘンオリンピックでは10000mと5000mの2種目に出場。10000mの予選で27分53秒4のオリンピック新記録を樹立。3日後の決勝、7年前の1965年にオーストラリアロン・クラークが記録した27分39秒4の世界記録に迫る、27分39秒6を出したものの、ビレンが27分38秒4の世界新記録で金メダル。プッテマンスは銀メダルを手にした。次に出場した5000mでも、予選で13分31秒8のオリンピック新記録を樹立。決勝では、さらに13分30秒8と予選を上回る結果を残したものの、2冠を達成したビレンほか3人の選手が、プッテマンスを上回り、5位に終わった。

プッテマンスは、ミュンヘンオリンピック5000mのレース終了後の9月14日、デンマークオーフスで行われた3000mのレースにおいて7分37秒6で走り、ケニアキプチョゲ・ケイノの世界記録を破った。同じ日、ヘルシンキではビレンが5000mで13分16秒4の世界記録を樹立している。2人が世界新記録を出した6日後の9月20日、プッテマンスは、ブリュッセルの5000mのレースで13分13秒0で走り、6日前にビレンが出した世界記録を破り3000m、5000mの2種目の世界記録保持者となる。

プッテマンスは、1973年、室内の2マイルで8分13秒2の室内世界新記録を出す。このときの3000mの計時7分39秒2も室内世界新であった。1975年には、世界クロスカントリー選手権でベルギーの団体銅メダルの獲得に貢献した。

しかし、その後の成績は振るわず、1976年、3度目のオリンピックとなる、モントリオールオリンピックに出場したものの、5000mは予選で途中棄権。10000mは決勝で途中棄権に終わっている。1980年には4度目となるモスクワオリンピックに出場。5000mで準決勝敗退という結果に終わっている。

プッテマンスは、その後も競技を続け、1982年のローママラソンで優勝を果たしている。

自己ベスト[編集]

  • 3000m - 7分37秒6 (1972年)
  • 5000m - 13分13秒0 (1972年)
  • 10000m - 27分39秒6 (1972年)
  • マラソン - 2時間09分53秒 (1982年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1968 オリンピック メキシコシティ(メキシコ) 5000m 12位 14分59秒6
1969 ヨーロッパ陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 5000m 7位 13分53秒2
1971 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 5000m 6位 13分36秒6
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 10000m 2位 27分39秒6
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 5000m 5位 13分30秒8
1973 ヨーロッパ室内陸上選手権 ロッテルダム(オランダ) 3000m 1位 7分44秒51
1974 ヨーロッパ室内陸上選手権 イェーテボリ(スウェーデン) 3000m 1位 7分48秒48
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 5000m DNF(sf) -
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 10000m DNF -
1978 ヨーロッパ室内陸上選手権 ミラノ(イタリア) 3000m 2位 7分49秒9
1980 オリンピック モスクワ(ソビエト連邦) 5000m 8位(sf) 13分50秒2
  • sfは準決勝

外部リンク[編集]