エミール・クライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エミール・クライン

エミール・クライン(Emil Klein, 1955年5月5日 - 2004年4月29日)は、ルーマニア出身のチェロ奏者指揮者[1][2][3]

ロマンの生まれ。4歳で父親からチェロの手ほどきを受け、ヤシの音楽学校を経てブカレストのシプリアン・ポルムベスク音楽院に進学した。1985年から1988年までダヴィド・ゲリンガスの助手を務め、ゲリンガス・バリトン・トリオ、トリオ・リパッティ、ソナーレ四重奏団のメンバーとして活動した。

1995年にハンブルク・ソロイスツを創設して指揮者を務めた。1998年から闘病しつつ演奏活動を続けた。亡くなった年の3月11日にブレシアフリードリヒ・グルダチェロ協奏曲を演奏したのが最後の演奏会となった。

レッジョ・エミリアにて死去。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.bach-cantatas.com/Bio/Klein-Emil.htm
  2. ^ http://www.allmusic.com/artist/emil-klein-mn0002188525
  3. ^ Wolfgang Amadeus Mozart; Cristian Beldi (1995) (ドイツ語). Piano concertos. / Vol. 1. Arte Nova Classics. OCLC 62354747.  - Booklet