エピダウロス (ダルマチア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エピダウロスギリシア語: Επίδαυρος)は、ダルマチア(現代のクロアチアアドリア海沿岸)にあった古代ギリシアの植民地で、紀元前6世紀頃に建設されたとされる[1][2]。町はローマ帝国支配時の紀元前228年にエピダウリュウム(Epidaurum)に名称が変わった[3]ユリウス・カエサルポンペイウスローマ内戦時、小オクタウィア(M. Octavius)の軍によって包囲されたが、到着した執政官プブリウス・ヴァティニウス(Publius Vatinius)により守られた。

7世紀アヴァールスラヴ人によって都市は破壊された[4]。エピダウロスからの難民は現代のドゥブロヴニクに含まれるラウス(ラグーサ)に逃れている[5]中世ツァヴタット(Cavtat)またはラグーサ・ヴェッキーア(Ragusa-Vecchia)と呼ばれる町が同じ地域に建設された。アウグストゥス治世時の執政官P・コーネリウス・ドラベッラ(P. Cornelius Dolabella)の墓とイリュリクム (Illyricum)の行政官のローマの碑文が遺跡の中から発見され、水路の跡なども残されている[6]イリュリア人たちはザプタル(Zaptal)と呼んでいた。エピダウロスはギリシャの世界遺産エピダウロスラコニア県のエピダヴロス・リミラ州などにその名が見られる。

脚注[編集]

  1. ^ Aulus Hirtius, De Bello Alexandrino XIV
  2. ^ Austria: Her People & Their Homelands by James Baker,""... dates back to the sixth century B.c., when the Greeks founded here Epidaurus"
  3. ^ Wilkes, J. J. The Illyrians, 1992, ISBN 0631198075, page 216.
  4. ^ Researches on the Danube and the Adriatic by Andrew Archibald Paton (1861). Contributions to the Modern History of Hungary and Transylvania, Dalmatia and Croatia, Servia and Bulgaria- page 247
  5. ^ Dalmatia and Montenegro by Sir John Gardner Wilkinson
  6. ^ Notizie Istorico-Critiche Sulla Antichita, Storia, e Letteratura de' Ragusei (published in two vols) by Francesco Maria Appendini.
執筆の途中です この「エピダウロス (ダルマチア)」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア