エッテクルッバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エッテクルッバ(jette-klubba[1])は、古代スウェーデンで用いられたこん棒である。

概要[編集]

古代北欧には、人口削減(間引き)のために生産力の低い老人を殺す風習が存在し、スウェーデンではその際、エッテクルッバと呼ばれるこん棒が用いられたとの伝承がある[1][2]。"klubba"はスウェーデン語で英語の"club"に相当し、「こん棒」を意味する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Erik Gustaf Geijer "The History of the Swedes"
  2. ^ 武田龍夫『物語 北欧の歴史―モデル国家の生成』中公新書

関連項目[編集]