エチエンヌ・ジョデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Etienne Jodelle.jpg

エチエンヌ・ジョデルÉtienne Jodelle, 1532年 - 1573年7月)は、16世紀パリ詩人劇作家プレイヤード派のメンバーであり、その原理を演劇作品にも適用することに努めた。彼はアレクサンドラン(1行12音綴)を悲劇に用いた最初の人物である。

劇作品[編集]

  • L’Eugène(1552年)
  • 囚われのクレオパトラ Cléopâtre captive(1553年)
  • 自らを犠牲にするディードー Didon se sacrifiant(1565年頃)