エゴノキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エゴノキ科
Styrax japonica2.JPG
エゴノキStyrax japonica
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: カキノキ目 Ebenales
: エゴノキ科 Styracaceae
  • 本文参照

エゴノキ科(Styracaceae)は双子葉植物の科。

特徴[編集]

北半球温帯亜熱帯に分布する木本である。11-12属、150-170種を含み、特にエゴノキ属Styrax)が多い。は単葉で互生する。は放射相称で、花冠は4-5裂する。果実はさく果もしくは核果で、翼のあるものもあり、種子を1-2個含む。

花は白くて芳香を持つものが多く、観賞用に栽培もされる。日本にはエゴノキなど2属5種が自生し、栽培もされる。またエゴノキ属の数種の樹皮からは香料安息香がとれる。

クロンキスト体系の分類ではカキノキ目に入れる。APG植物分類体系ではツツジ目に含める。

[編集]