エコセーズ (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

3つのエコセーズ 作品72-3遺作)は、フレデリック・ショパン1826年に作曲したピアノ小品集。

概要[編集]

この曲はショパンの死後、1855年に友人のユリアン・フォンタナにより、夜想曲第19番葬送行進曲と共に作品72として出版されており、単純な三部形式の曲ばかりで、効果的な3連符の活用など作曲者の書法が明瞭に認められる。短く明るい曲想のためアンコールピースとしても人気がある。

構成[編集]

演奏: Aya Higuchi

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

現在はニ長調ト長調変ニ長調の3作のみが残っているが、一部失われた作品もあるといわれている。

  • 第1曲 ニ長調
    右手の音域の広い飛び跳ねるようなリズムが最後まで流れている。中間部は右手三連符の流暢な走句。
  • 第2曲 ト長調
    右手は三連符の装飾と流暢なアルペジオが最後まで流れている。
  • 第3曲 変ニ長調
    右手は三連符の装飾と流暢な音階が最後まで流れている。唯一、中間部の旋律がない二部形式となっている。

外部リンク[編集]