エクスコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国家安全保障会議執行委員会 (Executive Committee of the National Security Council)、略称エクスコム (ExComm) とは、1962年10月に起こったキューバ危機に対処するためにジョン・F・ケネディ政権下で設置された機関。危機の12日間の間、絶え間なく会議を開き、危機の回避に努めた。また、その後も6週間ほど立て続けに会議を開いた。この会議の中でメンバーは、役職や地位に関わりなく自由闊達に意見交換を行い、慎重を要する対応の決定に大きな役割を果たした。メンバーの中にはNATOの支持を得るためド・ゴールの説得に当たったディーン・アチソンや駐米ソ連大使アナトリー・ドブルイニンとの会見をもったロバート・F・ケネディのように、危機回避のために外国要人と直接会見し、大きな役割を果たした者もいる。構成員はアメリカ国家安全保障会議 (NSC) の9人と追加の4人であり、他に十数人の顧問がいた。

会議はホワイトハウスウエストウイングにあるキャビネットルームで行われた。

これらの構成員や顧問の役割は肩書き抜きであり、外交問題評議会 (CFR) メンバーとして若いケネディ政権を圧倒する経験、知識、影響力を持っていた。ワシントンとニューヨークの政財界を往来するエスタブリッシュメントの有力者であり、数年後にはジョンソンにベトナム戦争の拡大を承認し、その後戦況が悪化したときに撤退を勧告する「賢人Wisemen」として活動する。

構成員[編集]

★は正式メンバー、他は顧問。

国家安全保障会議[編集]

ホワイトハウス[編集]

国務省[編集]

国防総省[編集]

CIA[編集]

  • マーシャル・S・カーター 中将--- 中央情報副長官
  • レイ・クライン---情報担当次官(CIAキャリア)
  • アーサー・ルンダール

海外情報局 (USIA)(広報宣伝機関)[編集]

  • ドナルド・ウィルソン --- USIA次長

緊急計画局 (OEP)[編集]

  • エドワード・A・マクダーモット --- OEP長官

その他[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]